活動内容

3GPP専門委員会

3GPP専門委員会とは

  • 3GPP※1は、W-CDMA※2技術を基本とする第3世代移動通信システム、及びそれに続くHSPA※3、LTE※4、LTE-Advanced、さらには5G技術を扱う移動通信システムの仕様の検討・策定を行っており、策定された仕様は日本の移動通信システムに広く採用されています。
  • 3GPP専門委員会では、3GPPの標準化に関する情報共有と意見交換、3GPPで開発された仕様のうちサービス、アーキテクチャ、及びプロトコルに関わるもの、無線ネットワークとコアネットワーク間のインタフェースのうち無線仕様に依存しないもの、端末とコアネットワーク間のインタフェース、IMS(IP Multimedia Subsystem)と呼ばれる移動通信システムにIPベースのマルチメディアサービスを提供する機能についてTTC標準として制定しています。
  • 3GPPが策定した技術仕様書は、下図に示した7つのOPが国内(地域)標準としてダウンストリームする事により正式な標準としての効力を得ます。
  • 国内標準策定のため、さらにITU勧告等からの参照のために、TTCダウンストリーム作業の承認母体としての役割を担っています。
  • 3GPPの主にアーキテクチャ、コアネットワークに関するワークアイテム・スタディアイテムの状況共有と、技術仕様策定グループ(TSG)レベルの会合状況の共有等を実施し、メンバー企業の標準化戦略策定、製品開発に貢献します。
※1 Third Generation Partnership Projectの略
※2 Wideband Code Division Multiple Access
※3 High Speed Packet Access
※4 Long Term Evolution
 

参加するメリット

<ビジネス化>

  • 「5G」をはじめとしたモバイル通信システムの国際標準として、モバイル業界に関わる全世界のすべての事業者、インフラメーカー、端末メーカー、サービスプロバイダーが関わっており、その一線で活躍するキー企業のキーパーソンと直接議論ができ、生きた情報が交換できます。
  • 雑多に作られる玉石混交の膨大なStudy Item(検討課題)、Work Item(標準化課題)の中から、特に日本の市場で注目されている課題、それをリードする企業などのエコシステムの構造を容易に理解できます。

<プロモーション>

  • 自社で開発している技術・製品の関連技術を議論しているグループが理解でき、普及促進のための潜在顧客を効率的に発掘することが可能となります。

<情報収集>

  • 3GPPの資料はすべて一般公開されてはいるものの、膨大な量があり、一定の知識とノウハウがなければ目的の資料にたどり着くのは不可能です。ましてや、目的が定まらないうちには何の役にも立ちません。本専門委員会の委員、事務局には、3GPPの現役のリーダ、経験者も多く、3GPPの技術は言うに及ばず、その運用・標準策定のプロセス、固有の「文化」などの精通した人たちと、技術的な議論を交え、直接種々の情報、アドバイスをもらうことができます。

標準化・活動方針

→中期標準化戦略へ

  • 3GPP-TSGを中心とした移動通信の国際標準化活動に関する、情報共有と意見交換及び関連技術の議論。
  • 3GPPで承認された仕様を、TTC標準として制定(ダウンストリーム活動)、またITU-T/Rへ勧告化を提案。
  • 年4回(6,10,12,3月)の専門委員会会合の開催、及び年4回(6, 10, 12, 3月)の3GPP仕様書ダウンストリーム・TTC仕様書制定を予定。
  • 3GPP Release 14~Release 16の3つのリリースを跨いで検討されてきた3GPP 5G仕様が完成する時期となるため、5Gの普及に向けた検討を実施する。
  • 更に、従来の移動体通信のみにとらわれず、異業界に対しても積極的な5Gの普及を後押しする。

※3GPP専門委員会にご参加いただく場合、ダウンストリーム作業分担の公平性を保つために、原則として1つ以上のSWGにご登録いただいております

関連するSDGsゴール

標準類制定状況


>> 過去の制定状況はこちら

セミナー等開催状況

 開催日 タイトル 
2020年10月30日 TTCオンラインセミナー「5G最新機能(3GPPリリース16)~仕様概要、実現ソリューションと産業連携~」開催報告
2019年9月9日 ARIB・TTC共催セミナー「oneM2M / 3GPPが支えるIoT・スマートシティの世界 ― oneM2Mリリース3/3GPPリリース15 の標準化最新動向 ―」
2018年10月17日 CEATEC JAPAN 2018コンファレンス「5Gの実現・利活用に向けたコラボレーション ~国際標準化とパートナー連携の最前線~ 3GPPサミット ~5G標準化の最前線~」開催報告
2017年5月31日

会議開催状況 

実施月日 活動事項 開催回
2021年4月9日 3GPP専門委員会 第64回
2020年12月22日 3GPP専門委員会 第63回
2020年10月2日  3GPP専門委員会 第62回
2020年7月16日 3GPP専門委員会 第 61回
2020年4月16日 3GPP専門委員会 第 60回
 2019年12月20日 3GPP専門委員会 第59回
 2019年10月11日 3GPP専門委員会 第58回
 2019年6月21日 3GPP専門委員会 第57回
 2019年4月5日
3GPP専門委員会
第56回

関連する専門委員会

- PCG/OP会合の対処方針について、ARIBの対応組織とも連携して検討を進め、OP代表者への指針とする。

- 3GPPの仕様策定上必要な内外の関連組織との連携・調整を推進する

- 5G標準化連携連絡会を通じて、5G標準化対応の相互連携・協調を図る

- 3GPP SIP仕様の検討状況を共有し、IMS事業者網間相互接続インタフェース)等、SIP信号に関する国内標準策定を支援する。

活動体制

   委員長:田村 利之 氏(日本電気株式会社)
  副委員長:山田 郁夫 氏(株式会社NTTドコモ)
企画戦略委員:澤田 政宏  氏(株式会社NTTドコモ)
       中野 裕介 氏(KDDI株式会社)

 

お問い合わせ

委員会は随時委員を募集しております。→募集案内
ご不明な点は事務局までお問い合わせください。
 

TTC事務局担当:輿水 敬
E-Mail:koshimizu[atmark]s.ttc.or.jp