活動内容

コネクテッド・カー専門委員会

コネクテッド・カー専門委員会とは

クルマ(四輪の自動車だけではなく、二輪車なども含め広義の意味で「クルマ」と表記する)がネットワークにつながる時代が到来しました。本専門委員会では、クルマ同士あるいはクルマとネットワークインフラや他のネットワークアプリケーションとつながることによる課題を中心に検討します。

<本活動の背景>

  • 日本では、ETCやITSスポットなど全国規模でのITSサービスを実現しているが、これらのシステムの国際展開は道路環境の違いや無線方式の差異などにより実現していない。
  • 2011年3月11日の東日本大震災等の災害経験から、自動車を災害時の情報通信のハブとすることへの期待は大きい。そこで、2014年8月にTTCより日本での取り組みをベースにアジア標準を策定することをASTAPへ提案し、検討がスタート。
  • 日本でのリコールの約30%はソフトウェアが原因と言われており、遠隔での自動車の保守が必要となっている。そのためには、遠隔での自動車の診断、保守に必要な通信標準の策定が急務。
  • 自動走行については、内閣府が主導するSIP(戦略イノベーション創造プログラム)を中心に各種プロジェクト、委員会が発足。自動走行に関する通信規格やダイナミックマップなどのデータ構造の標準化検討が課題。
  • UNECE WP29 での検討に対応するため、JASICに通信・セキュリティTFが設置され、日本としての対応が検討。

本専門委員会では、自動車関連の通信技術、次世代モビリティネットワークサービス、及びクルマを使った災害時の対応等に関し、ITU(ITU-T SG16, C-ITS)/ASTAP等を中心とする国際標準化や国際協調に向けたワークアイテムの検討等を行います。

<V-HUB>
東日本大震災の際に情報通信手段の確保が困難となった経験から「災害時の自動車を用いた情報通信システム(略称:V-HUB)」の標準化活動を、自然災害リスクを共有するアジア各国と共に、ASTAP(アジア・太平洋電気通信標準化機関)の場で取り組みました。

- "APT Report on Disaster Information Sharing System in APT Countries" [APT/ASTAP/REPT-18] 09/2015
- "APT Report on Requirements of Information and Communication System Using Vehicle during Disaster" [APT/ASTAP/REPT-21] 09/2015

     icon-vhub_2.png   
- Report on
"International Collaborative Research of Disaster Response Model using Vehicle Communication" 03/2018

関係者の努力が実り、本提案は2018年10月に2番目のAPT勧告として成立しました。
- "APT Recommendation on Standard Specification Information and Communication System using Vehicle during Disaster" [APT/ASTAP-REC-02]    https://www.apt.int/APTASTAP-OUTCOMES

標準化・活動方針

<アップストリーム活動>

  • CITS/GSCへの自動車通信分野の標準化課題の提言等
  • ASTAP (EG-BSG, EG-DRMRS) での「災害時の自動車活用した情報ハブ(VHUB)」標準化作業 他

<TTCドキュメント制定>

  • コネクテッドカー番号等の標準化動向と連携した技術レポートの策定を検討。

→中期標準化戦略へ

関連するSDGsゴール

標準類制定状況

番号 版数 タイトル 制定日
    (2019年度は TR-1068 改訂に向け作業中です)  
1
自動車の遠隔更新技術の標準化動向と実用化課題
2017/12/11
1
災害時の自動車を用いた情報通信システムの要求条件
2016/5/9

セミナー等開催状況

開催日 タイトル
2019年11月21日(木)

TTCセミナー開催準備中
・UNECE WP29 での車載ソフトウエアのリモートアップデートに関する
 論議の動向
・「自動車の遠隔更新技術の標準化動向と実用化課題」第2版の紹介

2019年7月18日(木)

「クルマに関するITU-Tワークショップ」開催
ITU-Tにおける自動車に係る関心課題の最新動向、新規メンバーとなったVW(ドイツ)や現代自動車(韓国)の活動の狙い等について、情報交換を行うワークショップ

ゲスト:ITU-T局長 Chaesub Lee氏、ITU-T SG部門長 Bilel Jamoussi

2019年6月11~12日 第31回アジア・太平洋電気通信標準化機関総会 (ASTAP-31)にて展示
2番目のAPT勧告となった「災害時に自動車を利用した情報通信システム仕様」を紹介
2019年6月10日

ASTAP-31 INDUSTRY WORKSHOP にてコネクテッド・カー専門委員会活動に係る発表講演
・Prof. Gregory L. Tangonan, Ateneo de Manila University, 'Disaster Resilient Communications and Information Systems using the New V-Hub Standard'
・Mr. Yasuo Oishi, Honda Motor Co., Ltd., 'V2X pilot project that utilized route bus in Kobe'

2019年3月20日 ミニワークショップ「コネクテッド・カーに係る様々なユースケースと道路に設置されている表示機等の活用などの実験例の紹介」開催
2019年1月23日

 これ以前のセミナー開催状況は、下記ページをご覧ください。
過去のセミナー開催履歴

会議開催状況

実施月日 活動事項
2019年11月20日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第33回会合開催予定
2019年10月16日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第32回会合開催予定
2019年10月7日(月)~17日 Meeting of ITU-T Study Group 16; Geneva
2019年9月18日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第31回会合
2019年9月18日(水) コネクテッド・カー専門委員会 技術レポート作成作業部会
2019年9月11日(水)~12日 6th meeting of TU-T Focus Group on Vehicular Multimedia (FG-VM-06) in Budapest, Hungary
2019年9月10日(火) A high-level workshop on global autonomous vehicle safety: "The Turing Test for Autonomous Driving - A Global Performance Standard for AI on our Roads", taking place within ITU Telecom World 2019 in Budapest
2019年8月21日(水) コネクテッド・カー専門委員会 技術レポート作成作業部会
2019年8月21日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第31回会合 (延期)
2019年7月25日(木) コネクテッド・カー専門委員会 第30回会合
2019年7月11日(木)~12日 5th meeting of ITU-T Focus Group on Vehicular Multimedia (FG-VM-05) in 長春
2019年7月9日(火)~10日 Meeting of the joint Project Team (JPT) btw ISO/TC22/SC31/WG8 and Q27/16 in 長春
2019年6月19日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第29回会合
2019年6月11日(火)~15日 ASTAP-31 Expert Group on IOTに参加
・交通事故記録と分析方法に関するガイドライン案を提案
・ガイドラインに盛り込む共通記録項目を抽出するための
 アンケート実施を提案
2019年5月21日(火) コネクテッド・カー専門委員会 第28回会合
2019年4月24日(水) コネクテッド・カー専門委員会 第27回会合

これ以前の活動状況は、下記ページをご覧ください。
過去の活動状況 

関連する委員会

活動体制

     委員長:千村 保文 氏(沖電気工業株式会社)
    副委員長:小谷 誠剛 氏(富士通株式会社)
担当企画戦略委員:武田 浩一 氏(株式会社日立製作所)

お問い合わせ

TTC事務局担当:眞野 正稔
E-Mail:mano[atmark]s.ttc.or.jp