TTCについて

専務理事挨拶

iwata.jpg
一般社団法人情報通信技術委員会
 代表理事専務理事
岩田 秀行

  このたび専務理事に就任いたしました岩田秀行と申します。

  コロナ禍の大変不自由な環境の中におきましても、TTCの標準化活動に対するご理解と持続的なご協力を賜り誠にありがとうございます。

  TTCは昨年10月に35周年を迎えました。米国のATISの次に設立されました国内の標準化開発機関(SDO)であります。設立当初の情報通信の基盤となるネットワークの相互接続、品質や安全の確保のための標準化から、インターネットや移動体通信の急速な普及により標準化の対象領域も広がり、近年は上位のサービスアプリケーションに関する標準化がすすめられています。また、ITU等のレガシー標準機関による勧告化、フォーラムやコンソーシアムの業界標準策定やプロモーション、OSSコミュニティによるインプリ標準等、標準化の場や手法が多様化しております。ITU-Tのアップストリーム国内対処の場に加え、それらの多様化に対して柔軟に対応していきたいと思います。

  技術ベースの仕様標準化に加え、ユーザー視点での仕様標準化が重要になっています。標準化格差是正(BSG)の活動は新興国の課題だけでなく、国内においても重要であります。アクセシビリティ、ジェンダー、年齢や地域のICT利用の格差を解消する標準化に貢献していきたいと思います。

  コロナ禍において、従来実施してきた対面式セミナーに代わりオンラインセミナーを実施しています。各専門委員会の活動の紹介の他に、AI、DX、eスポーツ等の新規分野のセミナ-を企画し新たな標準化課題の発掘や新興企業とのマッチング活動の支援を行っています。また、新たに設立されたフォーラム・コンソーシアムの調査を行い、最新の標準化の潮流の情報や仲間づくりの情報を共有させていただいています。

  国連が掲げる持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)には、標準化の寄与は欠かすことできないと思っております。標準化される技術と開発目標の関連付けを行うことで標準化の重要性を示し、企業の果たす役割への貢献をしていきたいと存じます。

  グローバル市場におけるビジネス展開には標準化の活動は重要であります。グローバルビジネスを進めるためにはグローバル人材育成は不可欠であり、人材育成のための大学や企業研修で活用いただける標準化教育ツールの提供、セミナー等の企画や海外連携プロジェクトへの参画の機会など、TTCはCapacity Buildingとして貢献させて頂きたいと思っております。

  会員の皆さまにはTTCという中立的な立場を積極的に活用いただき、標準化、異業種とのマッチング、海外プロジェクトへの参画等の活動を通じてのビジネス展開を推進いただきたいともに、そのための環境構築や機会を創出し微力ながら貢献して参ります。引き続きのご指導ご鞭撻をお願いいたします。

2021年1月4日現在