IoTエリアネットワーク(旧:次世代ホームネットワークシステム)専門委員会

IoTデバイスとIoTゲートウェイ間のネットワークをIoTエリアネットワークと定義し、IoTデバイスとIoTゲートウェイ間の通信方式およびデバイス/データ管理モデルに関する技術調査・検討、標準化活動を行ってます。加えて、カスタマサポート関連の標準化とITU-T SG15のホームネットワーク関連(Q15およびQ18)の国際標準化および国内標準化を行っています。

本専門委員会では、活動対象範囲をホームネットワークからIoTエリアネットワークに拡大したことから、2017年2月に委員会名称を「次世代ホームネットワークシステム」から「IoTエリアネットワーク」に変更しました。本専門委員会は、本委員会(WG3600)と2つのサブワーキンググループ(SWG)で構成され、ISO/IECやIEEE等の国外の標準化関連組織、およびスマートコミュニティ・アライアンス(JSCA)やスマートIoT推進フォーラムの技術・標準化分科会等の国内の関連組織とも連携をとりながら活動しています。

通信インタフェースSWG (SWG3604

IoTエリアネットワーク(ホームネットワークを含む)における各レイヤの通信インタフェースや、アーキテクチャの観点中心として調査、標準化実施。検討結果をTTC標準、あるいはTTC技術レポートとして制定するとともに、その一部をITU-T SG15(Q15)に提案実施中。

(2つの既存SWG(SWG3601とSWG3602)を統合し、平成26年6月にSWG3604として発足)

サービスプラットフォームSWG (SWG3603

IoTエリアネットワーク(ホームネットワークを含む)を使用したサービスを提供するプラットフォームの観点から調査、標準化検討実施。 検討結果をTTC技術レポートとして制定するとともに、その一部をITU-T SG13(Q11)に提案し、2015年1月にY.2070 (Requirements and architecture of the home energy management system and home network services)として勧告化された。

委員募集

標準類の制定状況

年間会議スケジュール

専門委員会活動紹介

TTCセミナー開催状況

開催日

タイトル

2016年02月26日

ロボット関連技術とホームネットワークに関する最新動向

2015年02月13日

HEMS普及に向けた標準化の取り組みと今後の展望

2014年02月05日

oneM2M・次世代ホームネットワークシステム合同セミナー

2012年12月07日

ホームアプリと通信インタフェース規格

2011年07月01日

ホームネットワークシステムに関するTTC標準紹介

平成29年度中期標準化戦略(H29年度活動計画およびH28年度報告)

会議開催状況

実施月日

活動事項

 

2017年3月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 第125回

2017年3月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 通信インタフェースSWG 第31回

2017年3月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 サービスプラットフォームSWG 第74回

2017年2月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 第124回

2017年2月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 通信インタフェースSWG 第30回

2017年2月7日

IoTエリアネットワーク専門委員会 サービスプラットフォームSWG 第73回

2017年1月10日

次世代ホームネットワークシステム専門委員会 第123回

2017年1月10日

次世代ホームネットワークシステム専門委員会 通信インタフェースSWG 第29回

2017年1月10日

次世代ホームネットワークシステム専門委員会 サービスプラットフォームSWG 第72回

IoTエリアネットワーク専門委員会(WG3600)の体制とお問い合わせ先

担当企画戦略委員会委員:

東 充宏 氏 (富士通株式会社)、林 秀樹 氏 (ソフトバンク株式会社)

IoTエリアネットワーク専門委員会 委員長:北村 和夫 氏 (日本電信電話株式会社)

IoTエリアネットワーク専門委員会 副委員長:高呂 賢治 氏 (沖電気工業株式会社)

【連絡先】 TTC事務局担当:谷口 康一
E-Mail:taniguchi[atmark]ttc.or.jp