セミナー

【2020年度情報通信月間参加行事】TTCオンラインセミナー「5Gモバイル向け次世代光アクセスの最新技術・標準化動向」開催報告

   5Gモバイルネットワークの様々なサービス・アプリケーションの検討が活発化する中、コアネットワークの大容量化と共に、MFH/MBH (Mobile FrontHaul/ Mobile BackHaul) へ次世代光アクセス技術を適用し、大容量化、スモールセル化・セル数増大に対応した効率的なアクセスネットワーク、大幅なトラヒック変動や多様なトラフィックとカバーエリアに対し柔軟性のあるネットワークの実現が検討されています。

  TTCでは、多様な5Gモバイルサービス展開を実現するために大容量で柔軟性に富む次世代光アクセス技術を紹介するセミナーを開催しました。本セミナーでは、FTTH (Fiber to the home) 技術としてITU-Tで標準化されたG-PON, 10G-PON以降の次世代PON技術の標準化動向、5GモバイルのMFHへの次世代PON技術適用の要件 (ITU-T G.Supple.66) 、光ファイバ無線 (RoF : Radio-over-Fiber) 技術の標準化動向、およびアクセス網の柔軟性向上と運用の効率化を目指した仮想化技術適用の動向についてご講演いただきました。

  ご講演いただいた方々並びにご視聴いただきました皆様、誠にありがとうございました。

開催スケジュール

開催日時 2020年11月12日 (木)15:00 ~ 17:10
開催方式 Webセミナー(オンラインセミナー)
主 催 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)アクセス網専門委員会
協 賛 情報通信月間推進協議会
参加者数 188名

講演動画、資料

※講演録画の視聴、資料のダウンロードには会員ログインが必要です。
TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

講演動画、資料ダウンロード

プログラム

司会:TTCアクセス網専門委員会 委員長 岡崎 浩治 氏(ソフトバンク株式会社)

時刻 講演内容 講演者
15:00~15:05
開会挨拶
TTCアクセス網専門委員会 委員長
ソフトバンク株式会社
岡崎 浩治 氏
15:05~15:20
G-PON, 10G-PON以降の次世代PONのITU-T標準化動向
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
原 孝成 氏
15:20~16:05
5Gモバイルフロントホール (MFH) への光アクセス技術の適用要件(ITU-T G.Supple.66)
三菱電機株式会社
牧野 真也 氏
16:05~16:35
光ファイバ無線 (RoF : Radio-over-Fiber) 技術の最新動向
国立研究開発法人情報通信研究機構
久利 敏明 氏
16:35~17:05
アクセスネットワークへの仮想化技術の適応動向
日本電信電話株式会社
浅香 航太 氏
17:05~17:10
閉会挨拶
一般社団法人情報通信技術委員会 事務局長
喜安 拓

セミナーの様子

上段左から原 孝成 氏、岡崎 浩治 氏、久利 敏明 氏、
下段左から浅香 航太 氏、牧野 真也 氏