セミナー

TTC・量子ICTフォーラム合同オンラインセミナー 「量子暗号の最前線と今後のビジネス化に向けて」開催報告

  量子情報通信技術は、国内の経済・産業・安全保障を飛躍的に発展させる可能性を持つ重要技術と位置付けられています。特に量子暗号技術については既に実用化の途にあり、国際標準の分野においても、日本が主導して量子暗号技術の基盤となる量子鍵配送技術に関するネットワークアーキテクチャとセキュリティに関しての標準化を実現させています。

  本セミナーでは、TTCと量子ICTフォーラムがタッグを組み、量子情報通信技術の分野の最前線でご活躍されている講師の方をお招きし、最新の技術動向や、研究開発の現状とビジネス展望をお話いただきました。

  ご講演いただいた方々並びにご視聴いただきました皆様、誠にありがとうございました。

開催スケジュール

開催日時 2021年1月19日(火)13:00 ~ 15:30
開催方式
Zoomウェビナーによるオンラインセミナー
共 催
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)
一般社団法人量子ICTフォーラム
参加者数 326名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。
TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

資料ダウンロード

プログラム

司会:TTC事務局 金子 麻衣

時刻 講演内容 講演者
13:00~13:10
開会のご挨拶
総務省 国際戦略局 技術政策課 研究推進室長
山野 哲也 氏
第一部 量子暗号の最前線
13:10~13:30
量子暗号のユースケース、グローバル量子暗号通信網構築に向けた取り組み
国立研究開発法人情報通信研究機構
未来ICT研究所 量子ICT先端開発センター 
研究マネージャー 
藤原 幹生 氏
13:30~13:50
量子暗号ネットワークの国際標準化
〜ITU-Tで成立した勧告体系について〜
国立研究開発法人情報通信研究機構 
イノベーション推進部門 参事
釼吉 薫 氏
第二部 量子暗号のビジネス化に向けて
13:50~15:20
ユーザ参加型討論
モデレータ:
国立研究開発法人情報通信研究機構
佐々木 雅英 氏
ステークホルダーによるショートプレゼン
  • 日本電信電話株式会社
    IOWN推進室長 川島 正久 氏
  • スカパーJSAT株式会社
    宇宙・防衛事業部 宇宙チーム長
    田中 賢太郎 氏
  • 株式会社村田製作所
    共通基盤技術センターシステムデザイン部
    石井 宏一良 氏
ステークホルダーによるコメント、意見交換
  • KDDI株式会社 田中 俊昭氏
  • ソフトバンク株式会社 河田 真之 氏
  • 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所 岩本 匡平 氏
  • 住友商事株式会社 長島 純氏
  • 株式会社マクニカ 高橋 峻 氏
  • 株式会社ワイ・デー・ケー 河野 新一 氏
  • 日本電気株式会社 中村 祐一 氏
  • 野村ホールディングス株式会社 大利 優 氏
  • 凸版印刷株式会社 由良 彰之 氏
  • 株式会社東芝 谷澤 佳道 氏
15:20~15:30
まとめ
一般社団法人情報通信技術委員会
代表理事専務理事 岩田 秀行
一般社団法人量子ICTフォーラム
代表理事 富田 章久 氏

セミナーの様子

写真1:上段左から山野 哲也 氏、金子 麻衣、藤原 幹生 氏
中段左から、釼吉 薫 氏、畔柳氏、松尾氏
下段 岩村氏
写真2:上段左から佐々木 雅英 氏、長島 純氏、田中 賢太郎 氏、石井 宏一良 氏
2段目左から高橋 峻氏、由良 彰之氏、河田 真之氏、河野 新一氏、
3段目左から田中 俊昭氏、大利 優氏、 川島 正久 氏
下段左から岩本 匡平氏、中村 祐一氏