セミナー

TTCセミナー「なぜ特許は標準に接近するのか ~標準必須特許問題の本質を考える~」開催報告

  標準と特許の関係は、公共性の確保と個々の企業の利益確保の二面性から常に活発な議論が行われてきました。標準を策定する際には、それぞれの標準化機関において定められた異なるパテントポリシーに基づき、標準と特許の関係が整理されています。

  しかしながら近年では、標準と特許の交錯から生じる標準必須特許(SEP)の問題が脚光を浴びています。標準の目的は、一般に関連技術を開放して多くの人々に使用してもらうことですが、このため、標準が普及してその使用者が多くなると、その標準に組み込まれた標準必須特許の侵害が広域化して市場に大きな混乱を生じさせ、大きな問題を引き起こしてしまいます。

 本セミナーでは、TTC IPR委員会の特別委員で、前東京理科大学教授の藤野 仁三 先生と、TTC IPR委員会 沖 哲也 副委員長を講師として、標準必須特許の課題と事例についてご講演いただくセミナーを開催しました。お二人は、FRAND研究会の設立メンバーでもあり、昨年発明推進協会から出版された「標準必須特許ハンドブック」の執筆者として、本著書の内容の一部についても一般の方にわかりやすく紹介していただきました。

  ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

開催スケジュール

開催日時 2020年2月7日 (金)15:00~17:00
開催場所
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】
主 催 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) IPR委員会
参加者数 98名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。
TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

資料ダウンロード

プログラム

司会:IPR委員会 委員長 長野 寿一 氏 (一般社団法人電線総合技術センター)

時刻 講演内容 講演者
15:00~15:05
ご挨拶
TTC IPR委員会 委員長
長野 寿一 氏
(一般社団法人電線総合技術センター)
15:05~15:50
標準必須特許問題の過去・現在・将来
TTC IPR委員会 特別委員
藤野 仁三 氏(元東京理科大学教授)
15:50~16:35
標準必須特許(SEP)をめぐる問題を理解するための基本事項
TTC IPR委員会 副委員長
沖 哲也 氏(ソニー株式会社) 
16:35~16:55
質疑応答
16:55~17:00
閉会挨拶
一般社団法人 情報通信技術委員会
代表理事専務理事
前田 洋一
17:10~
意見交換会

セミナーの様子

長野 寿一 氏
長野 寿一 氏
藤野 仁三 氏
藤野 仁三 氏
沖 哲也 氏
沖 哲也 氏
セミナーの様子
セミナーの様子