セミナー

5GMF NW委員会 / TTC共催講演会「ネットワークの低遅延化とソフトウェア化」開催報告

   5GMFとして取組んでいる5G時代の要件が異なる各種サービス実現のKeyとなるネットワークの低遅延と柔軟性を支えるソフトウェア化に関して、学術用プラットフォームとテストベッドに関する講演会を開催しました。

  本講演会では、5GMF NW委員会の今後の活動予定と共に、Platforms for Advanced Wireless Research (PAWR)Technical DirectorのAbhimanyu (Manu) Gosain氏による、学術コミュニティで使用するための中規模インフラストラクチャのプラットフォーム、アーキテクチャ、実験ワークフローモデル、ハードウェアおよびソフトウェア要素、特に、人工知能および機械学習アルゴリズムとハードウェアをループ内に実装に関してのご講演をいただきました。

  ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

開催スケジュール

開催日時 2019年11月22日(金)15:00 ~ 16:25
開催場所
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】
共 催
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)
参加者数 53名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。
TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

資料ダウンロード

プログラム

司会:中尾 彰宏 氏(東京大学 教授 /5GMF NW委員会 委員長)

時刻 講演内容 講演者
15:00~15:15
開会の挨拶
東京大学 教授
5GMF NW委員会 委員長
中尾 彰宏 氏 
15:15~16:00
ワイヤレス・エコシステムのプラットフォームとテストベッド
Technical Director for Platforms for Advanced Wireless Research
Abhimanyu (Manu) Gosain氏
16:00~16:20
質疑
16:20~16:25
閉会の挨拶
一般社団法人情報通信技術委員会
代表理事専務理事
前田 洋一 

セミナーの様子

中尾 彰宏 氏
中尾 彰宏 氏
Abhimanyu (Manu) Gosain氏
Abhimanyu (Manu) Gosain氏
セミナーの様子
セミナーの様子