セミナー

CEATEC 2019コンファレンス「AIを活用したネットワークの進化と今後の展望」開催報告

  一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、2019年10月15日(火)~ 18日(金)に開催される総合展示会CEATEC 2019において、「AIを活用したネットワークの進化と今後の展望」と題し、セミナーを開催しました。

   本セミナーでは、5G/IoTとAIの活用による、産業や社会インフラ変革への様々な可能性と、フォーラムにおける、ネットワークの運用/管理へのAIの適用検討の最新動向についてご講演をいただきました。

  ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

開催スケジュール

開催日時 2019年10月18日(金)14:00~16:30
開催場所
幕張メッセ 国際会議場3F 301会議室
https://www.m-messe.co.jp/access/
主 催 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)
参加者数 約190名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。
TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

資料ダウンロード

プログラム

司会:早稲田大学 稲田 修一 氏

時刻 講演内容 講演者
14:00~14:05
開会挨拶
一般社団法人情報通信技術委員会
代表理事専務理事 前田 洋一
14:05~14:45
AI/IoT活用によるネットワークの進化とその将来展望
今後のICT産業社会構造は大きく変革することが予見されている。特に情報通信基盤技術は、5Gなど移動通信の進化や自営網の発展により、通信サービスの提供主体が多様化する「情報通信の民主化(Democratization)」が進展する。情報通信の民主化を支えるソフトウェア化は網内機械学習・AIの利活用や地域創生におけるIoTに適した低コストの通信基盤技術が発展する。本講演では、社会と技術変革が進む中で、今後のネットワークの進化、およびその将来展望を議論した。
東京大学 教授
中尾 彰宏 氏
14:45~15:25
ネットワークにおけるAI適用の実現とその課題解決に向けた展望
通信機器は、伝送理論や伝搬理論等の「通信におけるドメイン知識」に基づく演繹的アプローチによりこれまで進化してきた。近年この取り組みだけでは限界が見え始めており、昨今のAI技術の進展とも相まって「通信ドメイン知識×AI技術」による、帰納的要素を加えた新しいアプローチによる進化の方向性が見えつつある。
本セミナーではこの流れを踏まえ、ネットワークにおけるAI適用の実現とその課題解決に向けた展望を概説した。
日本電気株式会社
システムプラットフォーム研究所 所長
津村 聡一 氏
15:25~16:05
TM ForumにおけるAIを活用したネットワーク運用・管理の検討動向
5G、IoT、B2B2Xモデルが広がり、多様なサービスを滞りなく提供するには、ネットワークにおける自己最適化や自己修復などAIを活用した運用・管理が重要となる。そのため、テレコムオペレーション標準化団体のTM Forumでは、テレコム業界でのAI活用を検討している。本講演では、TM ForumにおけるAIを活用したネットワーク運用と管理に関する標準・ベストプラクティス・検証などを紹介した。
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
ネットワーククラウド事業本部
ソリューション営業部 担当課長
新井 利幸 氏
エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
ネットワーククラウド事業本部
ソリューション営業部
水野 清貴 氏
16:05~16:25
質疑応答
 
16:25~16:30
閉会挨拶
早稲田大学
稲田 修一 氏

セミナーの様子

稲田 修一 氏
稲田 修一 氏
中尾 彰宏 氏
中尾 彰宏 氏
津村 聡一 氏
津村 聡一 氏
新井 利幸 氏
新井 利幸 氏
水野 清貴 氏
水野 清貴 氏
セミナーの様子
セミナーの様子