セミナー

TTCオンラインWorkshop「ITU AI/ML in 5G Challenge 日本ラウンド受賞者によるAI活用研究の発表について」開催報告

   ITU-T主催の通信領域へのAI活用研究(AI/ML in 5G Challenge)の国際大会(Final Round)への参加者を選定する審査会が10ヵ国で行われました。

  日本における審査会(日本ラウンド)は、電子情報通信学会 通信ソサエティのRISING研究会主催で行われ、2種の課題(MLを用いたNW障害の比較分析、映像配信データによるNW状態推定)への16件の応募に対して審査が行われ、国際大会への参加者選定が行われました。

  本Workshopでは、日本ラウンドでの審査の結果、国際大会への出場資格を得た、課題毎の上位受賞者3グループ、計6グループの受賞研究を発表していただきました。

  国際大会は、12月15日から17日に開催されることを受け、その壮行会を兼ね、本Workshopを開催致しましたが、積極的な質疑が行われ、有意義なWorkshopとなりました。

   ご講演いただいた方々並びにご視聴いただきました皆様、誠にありがとうございました。

   尚、国際大会は、12月15日~17日の日程でオンライン形式での開催が予定されており、現在、参加登録の受付け中です。

※本Workshopの後日配信並びに、資料の公開はございません。

開催概要

開催日時 2020年12月14日(月)13:00 ~ 15:00
開催場所
Zoomミーティングによる、オンラインWorkshop
共 催
電子情報通信学会 通信ソサエティ RISING研究会
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)
参加者数 69名

プログラム

司会進行:福井大学 橘  拓至 教授、TTC事務局  岡本 康史

時刻 講演内容 講演者
13:00~13:05
開会の挨拶
総務省 総合通信基盤局 電気通信事業部 電気通信技術システム課長
越後 和徳 氏
13:05~13:15
5G Challengeについて
東京大学 中尾 彰宏 教授
 
Session1:Network State Estimation by Analyzing Raw Video Data
13:15~13:30
-1
HENOKO KING
13:30~13:45
-2
JOJO
13:45~14:00
-3
Team KCGI
 
Session2:Analysis on route information failure in IP core networks by NFV-based test environment
14:00~14:15
-1
mlab
14:15~14:30
-2
UT-NakaoLab-AI
14:30~14:45
-3
naist-lsm
14:45~15:00
TTC表彰と閉会の挨拶
一般社団法人情報通信技術委員会
代表理事専務理事 前田 洋一

Workshopの様子

発表者の皆様
発表者の皆様