【平成29年度情報通信月間参加行事】
5G/IoT時代のNW技術動向セミナー
「アクセス網と光ファイバ/光インタフェースの最新標準化動向」

 5Gモバイルネットワークの検討をはじめ、映像やIoT/BD/AIを活用した様々なサービス・アプリケーションの検討が活発化する中、コアネットワークの大容量化と共にそれを支えるアクセスネットワークには、MFH/MBH (Mobile FrontHaul/ Mobile BackHaul) への適用に向けた大容量化、スモールセル化・セル数増大に対応した効率的なアクセスネットワーク、大幅なトラヒック変動や多様なトラフィックとカバーエリアに対し柔軟性のあるアクセスネットワーク等、一層の進化が求められています。

 この度、TTCでは、5G/IoT時代の基盤となる、大容量で柔軟性に富む次世代アクセス、次世代光伝送技術を紹介するセミナーを企画しました。アクセス網では、将来モバイル網のMFH/MBH (Mobile FrontHaul/ Mobile BackHaul) への適用に向けた光アクセスの大容量化や仮想化技術の標準化動向、並びにメタリックアクセスにおける1Gbps伝送のG.fastの市場動向・標準化動向について講演いただきます。光ファイバおよび陸上光伝送システムでは、将来のコア網のさらなる容量増大に向けた光ファイバケーブルおよび光インタフェースの最新標準化動向について講演いただきます。

 皆様のご参加をお待ちしております。

 開催スケジュール

開催日時

2017年5月10日 (水) 15:00 ~ 17:25 (終了後~18:25意見交換会)

開催場所 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】 
主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 光ファイバ伝送専門委員会アクセス網専門委員会

協賛

情報通信月間推進協議会

定員 最大100
参加対象

TTC会員以外の方にもご参加いただけます。(会員外参加費:2,000円)

参加費

TTC会員:無料、TTC会員外:2,000 

申込み方法

事前登録制。下記登録フォームよりお申し込みください。

seminericon2.gif
※締切:5月8日(月) (但し、定員になり次第募集を締め切ります。)
【個人情報について】お送りいただきました内容は、当委員会の「個人情報の取り扱いに関する基本方針」に則り、本セミナーの参加登録他、TTCの各種ご案内に使用させていただきます。

その他 セミナー終了後、意見交換会(無料)を開催しますので、併せてお申し込みください。
お問い合わせ

TTC事務局: 吉田 薫
E-Mail :yoshida@s.ttc.or.jp
TEL: 03-3432-1551(代)

プログラム 

時刻

講演内容

講演者

15:00~15:10
開会挨拶
光ファイバ伝送専門委員会委員長
中島 和秀 氏
(日本電信電話株式会社)
アクセス網専門委員会委員長
岡崎 浩治 氏
ソフトバンク株式会社
15:10~15:35
100G-EPONの標準化動向
住友電気工業株式会社
梅田 大助 氏
15:35~16:00
光アクセス網の仮想化の標準化動向 日本電信電話株式会社
浅香 航太 氏
16:00~16:25
メタリックアクセス方式の市場・標準化動向 ノキアソリューションズ&ネットワークス株式会社
原 孝成 氏
16:25~16:50
光ファイバケーブルの標準化動向
日本電信電話株式会社
坂本 泰志 氏
16:50~17:15
陸上光伝送システムの標準化動向とTR-GSup.39の位置づけ
日本電信電話株式会社
桑原 昭一郎 氏
17:15~17:25
閉会挨拶
TTC 専務理事
前田 洋一
17:25~
意見交換会