TTCについて

TTCのあゆみ

TTCは、2015年10月25日で創立30周年を迎えました。TTC創立から30年のあゆみを振り返ります。

TTCの足跡

年代
通信を取り巻く動き
TTCの標準類制定
 TTC関係の出来事
1985
・電気通信事業への
 参入自由化
・端末設備の自由化
 
・社団法人電信電
 話技術委員会 
 (TTC)設立
1986
・長距離系の新規参入
 事業者(NCC)が
 サービスを開始
 
・米国電気通信標
 準化調査団、
 T1委員会を等を
 訪問
1987
・携帯電話通話サービス開始
・ISDNユーザ・網インタフェース
(JT-Q931)(JT-I430)
・ISUPフォーマット
(JT-Q763)
・PCM符号化方式
(JT-G711)
・第4回標準化会議にお
 いて初のTTC標準を
 決定
・電気通信標準化国際
 シンポジウム
1988
・INSネット64サービス
 開始
・文書ファクシミリ
 伝送手順(JT-T30)
ETSI設立
TTA設立
1989
 
・同期ディジタル
 ハイアラーキSDHの
 ためのNNI(JT-G707)
 
・事務所移転
(西新橋→浜松町)
・TTC標準準拠表示
 マーク制定
1990
 
 
・創立5周年
・第1回TTC表彰
1991
・世界初のWebサイト
 誕生
 
 
1992
 
・SDH多重変換装置の
 警報系・切替系の動作 (JT-G783)
・ITU-T勧告に準拠する
 国内標準の作成及び
 発行を行う機関に
 認定(郵政大臣)
1993
・アメリカで「情報
 スーパーハイウェイ
 構想」提唱
・デジタル方式(PDC)
 携帯電話サービス開始
・日本における
 インターネット接続
 サービス開始
・SDH多重系
 光インタフェース
 条件(JT-G957)
 
1994
 
 
・GSC第1回会合
1995
・阪神・淡路大震災
 発生
 
・創立10周年
ARIB設立
1996
 
・低ビットレート通信用
 ビデオ符号化方式
 (JT-H263)
・低ビットレート通信用
 音声符号化方式
(JT-G723.1、JT-G729)
・TTCホームページ
 開設
1997
・日本における
 インターネット利用
 人口が急増
 
 
1998
 
 
ASTAP発足
3GPP設立。
 設立発起団体
 として参加
1999
・携帯電話における
 インターネット
 サービス開始
 
3GPP2設立。
 設立発起団体
 として参加
・ITU-T勧告A.5,A.6
 適合取得
・TTCロゴマーク変更
2000
 
・IMT-2000
 (JT-Q1701等、JJ-70.30)
・3GPP、3GPP2からの
 ダウンストリーム開始
 (JP-3GAシリーズ、
  JP-3GBシリーズ)
 
2001
・ADSLによるブロード
 バンド回線の普及
 「ブロードバンド元年」
・FTTHサービス開始
・CDMA方式携帯電話
 サービス開始
・DSLスペクトル管理
 標準(JJ-100.01)
・通信装置の
 イミュ二ティ(JT-K43)
・標準化会議
 (電子投票)開始
2002
・IP電話サービス
 (050番号)開始
・16kbit/s程度の
 広帯域音声符号化方式
 (JT-G722.2)
 第3世代携帯電話におけ
 る音声符号化方式とし
 て広く利用される。
・名称を「社団法人
 情報通信技術委員
 会」に変更
・CJK第1回会合
 部門委員会廃止・
 企画戦略委員会の
 設置
2003
・光回線(FTTH)や
 高速化されたCATV等
 による高速な常時接
 続サービスが一般
 向けにスタート
・DSLスペクトル
 管理標準改版
 (JJ-100.01)
・IP電話の通話品質
 評価法(JJ-201.01)
・DSLスペクトル管理
 に大きな注目が集ま
 り、審議内容を
 ホームページに公開
2004
・IP電話サービス
 (0A-J番号)開始
・SNS(Facebook,mixi)
 サービス開始
 
・TTC標準類の
 ダウンロードによる
 頒布開始
・TTC表彰に
 情報通信技術賞
 (総務大臣表彰・
 TTC会長表彰)追加
2005
・動画共有サービス 
 (YouTube)開始
・光伝送網の
 インタフェース
(JT-G709)
・DWDM 周波数グリッド(JT-G694.1)
・高度ビデオ符号化方式(MPEG-4)(JT-H264)
・携帯電話の事業者間
 番号ポータビリティ
 (MNP)に係る標準改定
・TTC創立20周年
・事務所移転
 (浜松町→御成門)
2006
・番号ポータビリティ
 制度開始
・SIP網・ISDN網
 インタワーク
 (JJ-22.02)
・企業SIP関連
 ガイドライン(JJ-22.00)
 
2007
 
 
・普及推進委員会設置
2008
・NGNサービス開始
・FTTHがDSLを逆転
・事業者SIP網に接続する
 SIP端末基本接続
 インタフェース
 技術仕様(JJ-90.24)
・iSIPc
(ICT標準化・
 知財センター)設立
2009
・Android OSを搭載
 したスマートフォン
 の発売
 
 
2010
 
・イーサネットの
 OAM機能とメカニズム
 (JT-Y1731)
・通信装置における
 イミュニティ特性の
 限度値と測定法
 (JS-CISPR-24)
 
2011
・LTEサービス開始
・東日本大震災発生
 
・一般社団法人化
・ITU-Tへのアップストリーム
 活動の充実
2012
 
・ホームネットワークの
 通信インタフェース
 実装ガイドライン
 (TR-1043)
・HEMS等に向けた
 伝送技術(TR-1044)
・TTC標準類の無償
 ダウンロード開始 
oneM2M設立
 設立発起団体
 として参加
2013
・メッセンジャー
 アプリ「LINE」開始
・「ビッグデータ」
 「スマート○○」 
 「○○○×ICT」と
  いう言葉が広く
  使われ始める。
・ECHONET Lite向け
 ホームネットワーク
 通信インタフェース 
 (JJ-300.10)
・H265高効率ビデオ
 符号化方式(JT-H265)
・MPLS-TP
 アーキテクチャ
 (JT-G8110.1)
・環境評価手法
 (JT-L1410)
  
2014
・日本における
 スマートメータ
 本格導入開始
・VoLTEサービス開始
・HEMS-スマート
 メーター(Bルート)
 通信インタフェース
 実装詳細ガイドライン
 (TR-1052)
・IMS事業者網間の
 相互接続共通
 インタフェース
 (TS-1020)
・oneM2M リリース1
 仕様書発行
2015
 
 
・TTC創立30周年

写真

創立20周年記念シンポジウム
創立20周年記念シンポジウム
第1回CJK会合(ソウル)
第1回CJK会合(ソウル)
創立10周年記念 電気通信標準化シンポジウム’95 
創立10周年記念 電気通信標準化シンポジウム’95 
創立5周年記念パーティ
創立5周年記念パーティ
電気通信標準化シンポジウム’90 
電気通信標準化シンポジウム’90 
電気通信標準化国際シンポジウム’87
電気通信標準化国際シンポジウム’87

アーカイブ