標準・刊行物

AI for Good Global Summitとは

 国連の情報通信技術に関する専門機関であるITU主催の、政府、産業界、学術界、メディア、37の国連関係機関、そしてACM(米国コンピュータ情報学会)、XPRIZE財団をパートナーとして結集したAIに関する国際的なイベントです。

 開催の背景は、ITUや国連が、近年急速な進歩を遂げるAIが社会的課題を解決し、国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の実現を加速させる大きな可能性を秘めていると捉えているからで、世界中の人々の生活を向上させるために、AIをどのように活用するか、教育・医療・健康福祉・商業・農業・宇宙など幅広い分野における活発な議論や、産学官連携によるプロジェクトの生成を通じて、SDGs実現を加速させるAIの実用化を目指しています。

 2017年から年1回ジュネーブで開催されているが、4回目の開催となる2020年は、新型コロナウィルス(COVID-19)の大流行のため通年デジタルプログラムで行われています。

AI for Good Global Summitのホームページはこちら

AI for Good Global Summitの正式なレポートはこちら(年度毎に分れています)

 

Reports

TTC事務局の企画戦略部長 金子がまとめたAIサミットの各種レポートです。

タイトル 主な内容 レポート
海外のコンタクト・トレーシング・アプリ(接続確認アプリ)の動向について
COVID-19との共存において重要な接触追跡アプリの海外動向及び標準化の動きについてまとめている。

ICT×COVID-19との闘い-AI for Godd Global Summit 2020-

ICTとAIを活用した世界におけるCOVID-19対策をまとめている。韓国と中国の事例が中心。
AI for Good Global Summit2019について AIサミットの概要はじめ、プログラム全体の概要や基調講演、eヘルス関連についてまとめている。

Contents

2020年のAIサミットはWeinarのみとなったため、TTC事務局の企画戦略部長 金子が特に面白いプログラムについて、テーマ毎にPPTでまとめたコンテンツです。

テーマ AIサミットのプログラム コンテンツ
スタートアップ紹介:

 AIに焦点を当てた有望なスタートアップ企業25社について企業のホームページを調査し補完

AIを活用して世界的課題を解決しようとするベンチャー・新興企業家の紹介(5/156/56/267/249/410/111/911/19
TTCレポート(2020/1)
ITUジャーナル(2021)
PPT資料(2020/10-11)
PPT資料(2020/6)
自動運転車の動向:
COVID-19による影響や今後の可能性についてRoborace創設者や世界経済フォーラム等の対話をまとめたもの
4/24 自動運転車はどこにありますか?モビリティの未来について
eSport:
Global Esports Federation(GEF)がITU-Tに加入したのをきっかけに開催
eスポーツ関係者による最新の動向と課題(6/247/239/3
ハッカソンの動向:
COVID-19対策を考えるハッカソンイベントについて特集
 

お問い合わせ

ご不明な点などは下記問い合わせ先までお願いします。
TTC会員には、ご希望される資料について、Word版やPPT版を差し上げますのでご連絡ください。
 
TTC事務局 担当:金子
kaneko[atmark]s.ttc.or.jp
 
 

AIsummit_floor.jpg