活動内容

AI活用事例・ユースケース研究会

AI活用事例・ユースケース研究会とは

  • 情報通信サービスの高度化に向けたAI活用の最新動向を踏まえ、AI活用のビジネスとしての可能性、ユースケースの創出とその具体的適用可能性・効果などについて、調査研究することを目的とした研究会です。
  • オープンイノベーション的アプローチを活用した「少人数」「参加型・双方向型」「シリーズ化したプログラム構成」による実践なワークショップです。

研究会概要

  • AIの活用について、有識者や先進的に取り組んでいる方々から講演をいただき、知見を得るとともに、ディスカッション・意見交換・アイデアソンなどによりその知見を深め、AI活用ユースケースの創出・適用可能性・効果等について実践的に調査研究します。
  • AIを活用したユースケースが期待される領域は次の通りです。
  1. 設備障害予測・保守効率化
  2. エッジ型アプリケーションの高度化
  3. サイバーセキュリティ対策
  4. サービスデリバリー・運用自動化
  5. 2018年10月~2019年4月まで全4回開催
  •  「AI活用」「セキュリティ」「Network Vision」「網管理」の各専門委員会と連携して活動します。

​​​

プログラム

 日時
テーマ
時間
講師
第1回
10/30(火)
AI活用におけるオープンイノベーションと日本企業の課題
「大企業のイノベーションとデザイン思考」
14:00~14:40
WiLパートナー
小松原威
先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例①
・コールセンタ
14:40~15:10
NTTコミュニケーションズ(株)
福田亜希子
意見交換・議論・ユースケース創出ワーク①(参加者の自己紹介含む)
15:10~17:00
第2回
12/3(月)
先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例②
・モバイル空間統計
14:00~14:30
(株)NTTドコモ
堀口賞一
先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例③
・先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例
14:30~15:10
富士通(株)
及川洋光
海外のAI活用事例・ユースケース①
・TMForum
15:10~15:40
(株)KDDI総合研究所
宮澤雅典
意見交換・議論・ユースケース創出ワーク②
15:40~17:00
第3回
2/4(月)
先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例④
・サプライチェーン上のプロセス管理
14:00~14:30
コニカミノルタ(株)
藤田大輔
先進企業におけるAIプラットフォーム導入事例⑤
・NOKIAが考えるAI活用事例・ユースケースと今後の動向
14:30~15:00
ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社
千葉恒彦
海外のAI活用事例・ユースケース②
・ETSI ISG-ZSM等
・IEEE(ELSI課題)
15:00~15:30
 
NTT 後藤良則
日本電気(株) 江川尚志
意見交換・議論・ユースケース創出ワーク③
15:30~17:00
第4回
4/23(火)
基調講演
・ネットワークとAIの融合
13:00~13:40
東京大学
中尾教授
AI活用ユースケースの創出「意見交換・議論・ユースケース創出ワーク①~③」提案に基づくブレスト・アイデアソン形式
13:40~17:00
アドバイザー:
NTT 藤原正勝
(株)KDDI総合研究所 宮澤雅典
進行:TTC 稲田修一

実施報告

  • セミナーとは違い少人数で参加型の研究会で、講演に対する質疑応答や、グループワークに積極的に取り組むなど、非常に活発で参加者の目的意識の高さが感じられました。
  • 企業やバックグラウンドが異なる方々が集まって行う議論や共同ワークを通じて、様々なユースケースが創出されました。

 

(参加者属性)
  1. 30名・15社(TTC会員内外問わず)
  2. ハードウェアベンダーと通信キャリアで7割
  3. 職種は研究と開発で6割、一般社員の参加が半数
  4. 参加企業のAI活用状況は実証段階が最も多く、導入・利用の課題は「データ不足」が圧倒的に多い
 
(ユースケース創出ワーク)
  1. 情報通信ネットワークの故障・障害・運用・保守の効率化や省人化等における課題解決のためのAI活用
  2. 在庫水準・配置の適正化や新商品等の需要予測、生産拠点・プロセスの最適化におけるAI活用
研究会の様子
研究会の様子

お問い合わせ

参加募集は終了しております。ご不明な点は事務局までお問い合わせください。

 

TTC事務局:金子 麻衣
E-mail:kaneko[atmark]s.ttc.or.jp