セミナー

TTCセミナー「Safe Listening 3 : ずっといい音を聴いていたい」開催のご案内

  WHO(世界保健機構)によれば、世界で11億人もの若者が聴覚障害を引き起こす危険性があると言われています。スマートフォンなどポータブル音楽プレーヤの発展途上国を含めた世界的な普及に伴い、イヤホン、ヘッドホンを通した音楽視聴により、若年層の難聴者の急速な増加が深刻になっています。日本でも以前「イヤホンガンガン伝言ゲーム」という遊びが中高生を中心に流行しましたが、難聴を引き起こすリスクが指摘され問題となったことがあります。

  ITU(国際電気通信連合)では2016年から、WHOと協力してSafe Listeningに関する標準化作業を進めていました。このたび、その標準がITUとWHOの双方で承認され WHO-ITU Safe-listening Standard(H.870)として発表されました。今後、WHOとITUを中心としてプロモーションが成される予定です。

  今回、この新標準策定にWHOからかかわり、WHOの”Make Listening Safe”プログラムを主導している、Shelly Chadha博士をお招きして、WHOでの難聴対策施策についてのお話しを伺うセミナーを開催いたします。

  ぜひ、積極的な参加をお願いします

 開催スケジュール

開催日時
2019年4月22日(月) 15:00 ~ 17:00
開催場所
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】
主催
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) マルチメディア応用専門委員会
定員
100名
参加対象
TTC会員以外の方にもご参加いただけます。
参加費
無料
申込み方法
事前登録制。下記登録フォームよりお申し込みください。
※締切:4月19日(金) (但し、定員になり次第募集を締め切ります。)
【個人情報について】お送りいただきました内容は、当委員会の「個人情報の取り扱いに関する基本方針」に則り、本セミナーの参加登録他、TTCの各種ご案内に使用させていただきます。
その他
  • セミナー終了後、意見交換会(無料)を開催しますので、併せてお申し込みください。
  • 基調講演:「WHOにおけるMake Listening Safe(MLS)Initiativeについて(仮)」は 英語で行います。(通訳はございません)
お問い合わせ
TTC事務局:大友 克彦
E-Mail:ohtomo@s.ttc.or.jp
TEL:03-5576-7794、 03-3432-1551(代) 

プログラム

時刻 講演内容 講演者
15:00~15:05
開会挨拶
総務省 国際戦略局 通信規格課長
田沼 知行 氏
15:05~15:35
基調講演:「Hearing loss and ICTs Make Listening Safe」
※本講演は英語で行います。(通訳はございません)
世界保健機構(WHO)
Dr. Shelly Chadha
15:35~15:55
WHO-ITU新勧告 Safe Listening Devices/Systems(H.870)について
 
慶應義塾大学特任教授
川森 雅仁 氏
15:55~16:15
Safe Listening
~イヤホン・ヘッドホンで音楽を安全に楽しむために~
株式会社須山歯研 代表取締役
セーフリスニング事務局
須山 慶太 氏
16:15~16:35
地方からの草の根Safe Listening:市民レベルの“耳守”活動
市民公益活動団体 耳守研究会
代表
渡邉 秀雄 氏
16:35~16:55
質疑応答
 
16:55~17:00
閉会挨拶
TTC代表理事専務理事
前田 洋一
17:00~
意見交換会