blogtitle201604.jpg

平成30年度TTC表彰における総務大臣表彰の受賞者決定

2018年06月14日

 関東では6月6日頃を梅雨入りと報道がありましたが、日に日に木々の緑が色濃くなり、花々の彩りも鮮やかになってきています。写真は週末ドライブで訪れた江戸川河川敷に広がる菖蒲園でのショットです。

 TTCでは毎年6月に、事業活動推進の一環として、TTCの事業遂行に多大な貢献をされた方に対しTTC表彰を行っており、情報通信技術賞として「総務大臣表彰」「TTC会長表彰」は「表彰選考委員会」により選考されます加えて、TTC標準の作成維持等に相当期間、積極的に参画しその功績が著しい方に対して「功労賞」、また、TTCの組織運営を支援し寄与された方に「感謝状」を贈呈しています。

 本年の平成30年度のTTC表彰受賞の皆様のお名前と受賞内容については、TTCのNews Releaseでご紹介しています。

 本ブログでは、TTCの情報通信技術賞におきまして、「総務大臣表彰」と「TTC会長表彰」を受賞される方を紹介させていただきます(以下、氏名は五十音順)。「総務大臣表彰」については、表彰選考委員会の推薦を得て、総務大臣に対して、総務大臣表彰として表彰状の交付を上申してまいりました結果、以下の2名の受賞が決定されました。

 

釼吉 薫 様 (国立研究開発法人情報通信研究機構、元 日本電気株式会社)
ITU-T、ASTAP及び ETSI における国際標準化推進への貢献」
web_kenyoshi.jpg ITU-Tにおいて、1988年より国際標準化に携わり、2009年から2016年までSG11 副議長、2017年にSG11 WP3議長へ就任し、シグナリング要件、プロトコル、テスト仕様、偽造品対策関連などの分野の標準策定、また、ASTAP ITU-T EG議長として、APTでのITU勧告等の国際標準の普及促進に貢献するなど他標準化団体との連携推進に大きな貢献を行った。また、2011年から2017年までETSI Boardメンバとして、ETSIのStrategic topic選定等の戦略運営に関する議論に参加するとともに、2011年から就任したTTC大使としてETSI等の欧州における標準化動向を紹介するなど国内外で国際標準化の推進に大きく貢献した。
庭野 栄一 様 (日本電信電話株式会社
ICカードシステムの高度化に関する研究開発・標準化及び実用化への貢献」
web_niwano.jpg欧州標準化組織eEurope/Smart Card Charterエディタ等や国際標準化組織GlobalPlatformを通じて、公開鍵を用いて高セキュアかつ動的にICカードのアプリケーション等を管理するICカード管理システムに関わる国際標準策定の中心的役割を果たすなど、ICカード管理システムに関する研究開発、国際標準化、その実用化に大きく寄与した。また、GlobalPlatformの理事、Japan Task Force主査を務め、国際標準化に加えて国内標準化組織との連携推進に貢献した。また、ICカード応用に関わる総務省検討会の委員等の多様な活動を通じて、ICカード管理システム技術の普及・発展に大きく貢献した。

 

 「TTC会長表彰」は以下の5名の方が受賞されます。

web_ashimura.jpg

 

芦村 和幸 様 (慶応義塾大学)

 「Web技術における標準化及び普及にかかわる功績」


web_arai.jpg

 

荒井 健二郎 様 (日本電信電話株式会社)

「IP相互接続に関する標準化・実用化推進にかかわる功績」


web_kumaki.jpg

 

熊木 健二 様 (KDDI株式会社)

「IETFにおけるMPLS関連技術の標準化及び実用化にかかわる功績」


web_koshimizu.jpg

 

輿水 敬 様 (株式会社NTTドコモ)

「移動通信ネットワークアーキテクチャー関連の標準化活動にかかわる功績」


web_saitou.jpg

 

斉藤 壮一郎 様 (沖電気工業株式会社)

「情報通信技術の標準化関連組織に関する調査・分析にかかわる功績」


 

 TTCは発足以降、情報通信ネットワークの標準化を通じ、マルチキャリア相互接続、インターネットやモバイルの飛躍的発展、通信のグローバル化に貢献してきましたが、今後は、あらゆるモノやサービスがネットワークにつながることにより、さまざまな産業にイノベーションを創出し、社会的課題を解決すると考えられており、IoT、ビッグデータ、AIなどに大きな期待が寄せられています。また、サイバーフィジカルシステムによるデジタルトランスフォーメーションの進展に伴い、新しいビジネスや情報通信サービスの展開が本格化しています。

 このような状況の中、標準化はオープンイノベーションの一環として、日本に留まらずアジアからグローバルへの展開を図る戦略や、多様な期待に応えるネットワークインフラやサービスの発展に向け益々重要となります。標準化活動の場も上位レイヤに移り、益々多種多様になっています。

 今回の情報通信技術賞では、TTCを取り巻く環境の大きな変化の中で、アプリケーション分野や業界横断的な標準化の推進、デジュール標準に加えて、GlobalPlatform、W3C、IETF、3GPPなどのフォーラム系の標準化で活躍され、現在の産業構造変革の原動力としてのICT技術基盤の構築に貢献されリードされてきた方々を表彰できるのは、タイムリーであり、大変に喜ばしいことと考えています。

 上記の総務大臣表彰TTC会長表彰を受賞される皆様に加え、「功労賞」を受賞される19名の方と、「感謝状」を受賞されるコネクテッド・カー専門委員会自動車遠隔更新検討作業部会とHATS推進会議の2団体23名の皆様方にお祝い申し上げます。また、受賞の皆様を支援してこられた職場やご家族の皆様方にも、あわせて、心よりお祝い申し上げます。

 TTC表彰式は、平成30年6月19日(火)、メルパルク東京において、招待制で執り行われます。

 


TTCよもやま話 TOPへ