アクセシビリティSWG

活動紹介

 現在の緊急通報は、音声で行われているため、聴覚・言語機能障がい者は通報ができません。また、超高齢社会の到来により、音声による通報が困難になる方が多くなると考えられます。更には、その国の言語を話せない外国人への対応も考慮しなければなりません。一方、大規模災害時には音声回線の輻輳や障害が発生し音声による緊急通報が困難な場面も確認されました。そのため、音声手段に代替し、どこでも、誰であっても、どのような状況でも通報が可能な、シームレスな緊急通報サービスの国際標準化を視野に検討していきます。

設置の経緯

 従来、スマートコミュニケーションアドバイザリグループ (Smart Com AG) の緊急通報アクセシビリティワーキングパーティ (em-call WP) として活動しておりましたが、今後の標準化作業については、マルチメディア応用専門委員会にアクセシビリティSWGを設置して進めることになりました。

 これまでのem-call WPでの研究・検討の場を消防庁へ移し、Net119の運用開始へ向けた運用面での検討および実証試験を開始することを受け、本SWGでは、Net119の標準I/Fの検討・策定を中心とした活動を行ってまいります。

主要検討項目

  1. マルチメディア緊急通報システム(Net119)の標準I/Fの検討

  2. 総務省消防庁主催「119番通報の多様化に関する検討会」で提示された技術面の課題に対する具体的解決手段および技術的条件書への記載内容の提案

  3. ASTAPを通じたアジア標準への展開

  4. ITU-T SG16 Q26(Accessibility)への対応

マネジメント体制

リーダ: 山本 高大 氏(日本電信電話株式会社)
担当企画戦略委員: 四方 清隆 氏(富士通株式会社)

中期標準化戦略

標準類制定状況

番号

版数

タイトル

制定日 説明
資料

JT-H702

1

IPTVシステム用アクセシビリティプロファイル

2016/11/10

pdf_middle.gif

セミナー等開催状況

  開催日

タイトル 

2017年3月15日

TTCセミナー「バリアフリー社会の実現に向けて ~IPTVアクセシビリティ標準制定の意義と今後の展開~」

2016年7月8日

TTCセミナー「アクセシビリティ標準化の今後の展望~アクセシビリティ専門委員会の設置」

会議開催状況

実施月日

活動事項

 

2016年6月1日

マルチメディア応用専門委員会 アクセシビリティSWG

第11回 

2016年4月21日

マルチメディア応用専門委員会 アクセシビリティSWG

第10回 

委員募集

arrow067_03.gif 募集案内

お問合わせ

TTC事務局担当:大友 克彦
E-Mail:ohtomo[atmark]s.ttc.or.jp
TEL: 03-5776-7794