BSG(標準化格差解消)専門委員会のご紹介

  TTCは2007年に普及推進委員会を設置し、ASTAPの”Working Group on Bridging Standardization Gap” での討議に参加するとともに、タイ・マレーシア等の標準化団体との連携を通して、新興国・ルーラルエリア向けの標準策定に向けた足場作りを進めてきました。また、アジアのルーラルエリアにおけるICTニーズや有用性を把握するため、APTパイロットプロジェクトに参画し3カ国・5分野でICTソリューション実証実験を実施してきました。

  これらの討議・ケーススタディを積み重ねていく中で、ICTソリューションをアジアのルーラルエリアに広く普及させるためには、他地域にも展開可能となるよう、ルーラルエリア共通の要求条件や導入ガイドライン等を「ソリューション利用標準」として標準化し普及させる必要性があることを強く認識しました。

  さらに昨年11月に開催された世界電気通信標準化会議 (WTSA-12) にて、Resolution 44 “Bridging the standardization gap between developing and developed countries” の改訂が議論され、ITU-T各SGに対して途上国が置かれた特有な状況に配慮して標準化を適切に進めるよう指示することが新たに盛り込まれました。これは今後標準策定にあたって途上国での利用を考慮した視点や切り口が新たに必要となったことを意味します。

  これらの課題・状況に対応するため、新興国向けソリューション利用標準策定と、そのASTAP、ITUへの提案に重点を移し、またその推進に必要な連携構築や将来のビジネス展開につながるプロモーションも含めた活動をよりオープンな形態で持続的に進めるため、新たな専門委員会を設置します。

TTCが持つ多くの標準策定に関するノウハウを背景にアジア各国に展開すべく、多くの方々にご参加いただきたく委員募集をさせていただきます。

主要な活動

1.ASTAP/ITU標準化活動

2.標準化協力

3.パートナシップの形成・維持

新専門委員会で検討する内容

1.ソリューションガイドライン

ルーラルエリアにおいて各種ソリューションに求められる諸条件をパラメータ化したもの。
APTパイロットプロジェクト事例をベースにしたガイドブックは、ASTAP BSGの求めに応じ、2013年度内を目途に作成し提案する。

2.ソリューション導入ガイド

新興国の技術レベルでもソリューションの導入が可能になるよう、ソリューション導入の手順、方法を記述したもの。

新興国においてソリューション導入ガイドに求められる条件の調査等を行い、APTパイロットプロジェクト事例も参考にして、少なくとも1分野のソリューション導入ガイドを2014年度内を目途に作成する。

負担金

ASTAP会合や各国標準化団体との連携活動参加、各国関係者との会合開催等に必要な費用は、一般会費だけでは賄えません。このため、平成25年度分より、特別活動費用として参加各社に負担金の負担をお願いいたします。詳細はお問い合わせください。

お問い合わせ

BSG専門委員長: 岩田 秀行 氏
【連絡先】    
TTC事務局担当: 眞野 正稔 E-mail: mano [atmark] ttc.or.jp

[ 戻る ]