BSG(標準化格差解消)専門委員会

 TTCは2007年に普及推進委員会を設置し、ASTAPの “Working Group on Bridging Standardization Gap” での討議に参加するとともに、タイ・マレーシア等の標準化団体との連携を通して、新興国・ルーラルエリア向けの標準策定に向けた足場作りを進めてきました。また、アジアのルーラルエリアにおけるICTニーズや有用性を把握するため、APTパイロットプロジェクトに参画し3カ国・5分野でICTソリューション実証実験を実施してきました。

arrow067_01.gif TTCの普及推進活動

  これらの討議・ケーススタディの経験と実績をベースとして、ICTソリューションをアジアのルーラルエリアに広く普及させるために、ルーラルエリア共通の要求条件や導入ハンドブック等を「ソリューション利用標準」として標準化し普及させ、またその推進に必要な連携構築や将来のビジネス展開につながるプロモーションも含めた活動を、よりオープンな形態で持続的に進めるため、新たな専門委員会として設置しました。

  TTCが持つ多くの標準策定に関するノウハウを背景にアジア各国に展開すべく、多くの方々のご参加をお待ちしています。

BSG専門委員会紹介

専門委員会活動紹介

中期標準化戦略及び標準化計画

会議開催状況

実施月日

活動事項

調整中

第53回会合開催予定 (IDN, PHL, MYSとビデオ会議)

2017年6月26日(月)

第52回会合開催予定

2017年4月21日(金)

第51回会合開催

2017年3月7日(火)~

ASTAP-28 EG-BSGに参加

2017年3月6日(月)~

スマートシティに関するアジア各国の政策調査についての打合せ実施

2017年3月6日(月)

APT INDUSTRY WORKSHOPにてフィリピンでの活動概要を講演(Prof. Tangonan, Ateneo de Manila Univ.)

2017年3月3日(金)

SHARE MEETING-14開催 (Palangka Raya, Indonesia)

2017年2月7日(火)

第50回会合開催(スマートシティーに関する調査研究について 講師:リム准教授 JAIST)

2017年1月24日(火)

シリントーン国際工学部との情報交換会開催

2017年1月10日(火)

APT Publication of Research for Information Sharing on ICT Policy and Development in 2016への応募案件採択

2016年11月14日(月)~

ITU Telecom World 2016 にて活動成果展示

委員募集

お問い合わせ

BSG専門委員長:  岩田 秀行 氏
BSG副専門委員長: 谷川 和法 氏
担当企画戦略委員会委員: 江川 尚志 氏

【連絡先】    
TTC事務局担当: 眞野 正稔 E-mail: mano [atmark] ttc.or.jp