番号ポータビリティ方式検討合同アドホック

活動紹介

日本の電話網のIP化後の番号ポータビリティ方式の標準検討を関連する専門委員会と合同で進めています。

検討メンバー:信号制御/番号計画専門委員会

具体的には、「PSTNマイグレーションに係る意識合わせの場」にて、番号ポータビリティの実現について評価した結果に基づき、標準化検討を進めています。

(1) 同意されたE.164 Supplement 2をベースにしたStege2(アーキテクチャ)の標準化
(2) 日本固有に追加規定すべきものの明確化
(3) 国内IMS網間での番号ポータビリティ実現に必要なSIP関連仕様策定

マネジメント体制

リーダ: 蓑田 学 氏(KDDI株式会社
サブリーダ: 荒井 健二郎 氏(日本電信電話株式会社)
担当企画戦略委員: 上茶 雄 氏(日本電信電話株式会社)

会議開催状況

実施月日

活動事項

 

2016年11月25日

番号ポータビリティ方式検討合同アドホック

第13回

2016年10月7日

番号ポータビリティ方式検討合同アドホック

第12回

委員募集

arrow067_03.gif 募集案内

お問い合わせ

TTC事務局担当:岡本 康史
E-Mail:y.okamoto@ttc.or.jp
TEL: 03-3432-1551(代表)