TTCのドキュメント体系について

TTCは次のような考え方でドキュメントの体系を定めています。
・仕様の確定度が明確に表現できる体系であること。
・仕様の追加、変更などに迅速に対応できること。
・海外の標準化団体等のドキュメント体系と極力整合を図ること。
ドキュメント体系は以下のとおりです。
 

TTCドキュメント分類

定  義

標準
Standard

確定した仕様として発行するもの

仕様書
TechnicalSpecification

暫定的な仕様として発行するもの

技術レポート
Technical Report

技術参考資料として発行するもの

調査報告書
SurveyReport

委員会での調査活動の報告を公開するもの

標準・仕様書において、付属資料および付録の記述内容は下記のとおりです。

 

記  述  内  容

付属資料

仕様そのものであるが、編集上本文から取り出して記述するもの。
ITU-T勧告のANNEXに相当する。

付録

本文及び付属資料に関連する事柄を補足する参考資料。
ITU-T勧告のAPPENDIXに相当する。

なお、ITU-T勧告のANNEX、APPENDIXは、ITU-T Recommendation A.1でその位置 づけが定義されています。

(TTCドキュメント分類名称)と(参照元のドキュメント分類名称)との対応を以下に示します。

TTCドキュメント分類名称

参照元ドキュメント分類名称

ITU-T

3GPP/3GPP2

標準 (JT,JS,JP,JF,JJ)

Recommendation

 

仕様書 (TS)

 

TS

技術レポート (TR)

 

TR

調査報告書 (SR)

 

 

TTC標準番号体系につきましては「TTC標準番号体系の考え方」をご覧ください。