TTCセミナー「モビリティー社会を支える情報通信」開催報告

  クルマがネットワーク端末になる、あるいはネットワークの一部になる時代が到来しました。各メディアを賑わせています通り、コネクトされたことにより、ソフトウェアの更新、外部情報を得ながらの運転アシスト、自動運転実用化に向けての取り組み等が加速化しています。また2020年オリンピック・イヤーに向けて様々な実証実験が進められています。

  TTC ではコネクテッド・カー専門委員会を設置し、クルマ同士あるいはクルマとネットワークインフラや他のネットワークアプリケーションとつながることによる課題を中心に検討しています。

  本セミナーでは、コネクテッド・カー専門委員会の活動成果としてアジアでのトピックスをご紹介すると共に、講師をお招きし「二輪に係る国際的な動向」と「世界の道路オペレータ側から見たコネクテッドカー」についてお話を伺いました。

 ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 開催スケジュール

開催日時 2018年12月10日(月)14:30~17:30
開催場所 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】 
主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) コネクテッド・カー専門委員会

参加者数 91名

講演資料(TTC会員用)

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。

TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

download_icon.gif

プログラム

「モビリティ社会を支える情報通信」

 司会: コネクテッド・カー専門委員会 委員 小谷 誠剛 氏

時刻

講演内容(仮題)

講演者

14:30~14:40
開会挨拶
コネクテッド・カー専門委員会 委員長
千村 保文 氏
(沖電気工業株式会社)
14:4015:20
コネクテッド・カー技術を用いた災害時の情報通信システム(V-HUB)のアジア標準化の背景と今後の展望
コネクテッド・カー専門委員会 委員長
千村 保文 氏
(沖電気工業株式会社)
15:2016:00
アジア交通事故情報データの収集とその分析方法のガイドライン化によるICT交通安全対策
コネクテッド・カー専門委員会委員
羅 章奕 氏
(株式会社トヨタIT開発センター)
16:0016:15
休憩
16:1516:55
Connected Motorcycle Consortium (CMC) の活動について
株式会社本田技術研究所
二輪R&Dセンター
丸山 一幸 氏
16:5517:25
今、ITSについて、世界の道路オペレータが考えていること
~アジア等への展開に向けて~
一般財団法人ITSサービス高度化機構
ETC情報セキュリティ研究本部長
上田 敏 氏
17:2517:35
閉会挨拶
一般社団法人情報通信技術委員会
事務局長 稲田 修一
17:35~
意見交換会

セミナーの様子

web1_IMG_8077.jpg web2_IMG_8083.jpg web3_IMG_8097.jpg
小谷 誠剛 氏 千村 保文 氏 羅 章奕 氏
web4_IMG_8106.jpg web5_IMG_8109.jpg
丸山 一幸 氏 上田 敏 氏
seminar20181210_IMG_8087.jpg
セミナーの様子