【平成29年度情報通信月間参加行事】 TTCセミナー 「IoT時代の健康、医療分野におけるICT技術の活用最前線 ~主要課題とICT利活用の取組」開催報告

 IoT時代を迎え、健康、医療の分野においても、高齢者介護や遠隔医療、ヘルスケアビジネスなどでのICT技術の適用・工夫により、今後ますます進展する高齢化社会への対応も含め、社会保障費用の低減や、健康寿命の改善、健康で豊かな生活の構築が重要となっています。国際的にも、ITU(国際電気通信連合)はWHO(世界保健機構)と協力して、健康、医療分野におけるICTの利活用を強力に推進しています。

 今回、WHO/ITUにおける重点課題や最新動向をはじめ、総務省における取組み、医療現場における課題など、医療・健康分野を取り巻く主要課題をご紹介するとともに、高精細映像データの医療応用など、ICT技術の活用最前線について、それぞれのステークホルダの皆様よりご紹介いただきました。100名を超える満席のご来場をいただき、また意見交換会では多くの方が議論に参加されるなど、e-healthに対する皆様の関心の高さが伺えました。

 ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、まことにありがとうございました。

 開催スケジュール

開催日時 2017年6月29日(木)15:00 ~ 17:40
開催場所 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】 
主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) マルチメディア応用専門委員会

協賛

情報通信月間推進協議会

協力

WHO健康開発総合研究センター(WHO神戸センター)

一般社団法人メディカル・イメージング・コンソーシアム

参加者数 105

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。

TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

download_icon.gif

プログラム

司会:慶応義塾大学教授 川森 雅仁 氏

時刻

講演内容

講演者

15:00~15:15
開会挨拶
~総務省における医療ICT利活用基盤の構築等について
総務省情報流通行政局
情報流通高度化推進室 室長
吉田 宏平 氏
15:15~15:45
WHOにおける重点テーマと今後の取組み
WHO健康開発総合研究センター
上級顧問官 
野崎 慎仁郎 氏
15:45~16:15
医療現場における重要課題
~医療安全とICT利活用
国立保健医療科学院 国際協力研究部
上席主任研究官
種田 憲一郎 氏
16:15~16:35
次世代人工知能社会実装ワーキンググループの取り組み
~自然言語処理と脳情報通信を中心に
総務省情報通信国際戦略局
技術政策課研究推進室
イノベーション推進官
出葉 義治 氏
16:35~17:05
高精細画像データの医療応用について
~8K超高精細技術と内視鏡手術への応用
一般社団法人メディカル・イメージング・コンソーシアム
谷岡 健吉 氏、山下 紘正 氏
17:05~17:35
ITU-TにおけるICTを利活用したe-health標準化の最新動向
慶応義塾大学教授
川森 雅仁 氏
17:35~17:40
閉会挨拶 TTC代表理事専務理事
前田 洋一
17:40~
意見交換会

セミナーの様子

web2_yoshida_IMG_2736.jpg web3_nozaki_IMG_2758.jpg web4_taneda_IMG_2767.jpg web5_dewa_IMG_2782-1.jpg

総務省
吉田 宏平 氏

WHO神戸センター
野崎 慎仁郎 氏
国立保健医療科学院
種田 憲一郎 氏
総務省 
出葉 義治 氏
web6_tanioka_IMG_2793.jpg web7_yamashita_IMG_2797.jpg web1_kawamori_IMG_2808-1.jpg
(一社)メディカル・
イメージング・
コンソーシアム 
谷岡 健吉 氏
(一社)メディカル・
イメージング・
コンソーシアム

山下 紘正 氏 
慶応義塾大学
川森 雅仁 氏
web_seminar_IMG_2746.jpg 
セミナーの様子