通信装置のソフトエラー対策のTTC標準化の計画

2018年11月22日

 TTCでは、伝送網・電磁環境専門委員会 通信装置のソフトエラーの標準化Adhocにおいて、通信装置のソフトエラー対策のITU-T勧告化を2015年より推進してきました。2018年11月に当初計画したソフトエラー対策の一連のITU-T勧告化が完了しました (ニュースリリース参照)

 これらの一連のITU-T勧告について、下表の様に随時TTC標準化していきます。

 

通信装置のソフトエラー対策のTTC標準化計画

ITU-T勧告

タイトル

TTC標準化予定

K.124
(12/2016)

Overview of particle radiation effects on telecommunications systems
(通信装置の粒子放射線影響の概要)

JT-K124
2018年11月

K.131
(01/2018)

Design methodologies for telecommunication systems applying soft error measures
(通信装置のソフトエラー対策設計法)

JT-K131
2019年2月

K.130
(01/2018)

Neutron irradiation test methods for telecommunication equipment
(通信装置の中性子照射試験法)

JT-K130
2019年2月

K.138
(11/2018)

Quality estimation methods and application guidelines for mitigation measures based on particle radiation tests
(粒子放射線試験に基づく対策のための品質推定方法とアプリケーションガイドライン)

JT-K138
2019年5月

K.139
(11/2018)

Reliability requirement of particle radiation effect for telecommunication systems
(通信装置の粒子放射線影響の信頼性要求基準)

JT-K139
2019年5月

K.Suppl.11
(09/2018)

ITU-T K.131-Soft error measures of field programmable gate arrays
(K.131補足資料 - FPGAにおけるソフトエラー対策)

TR-KSup.11
2019年2月

 

 

トピックス一覧へ