技術レポート「自動車の遠隔更新技術の標準化動向と実用化課題」制定(コネクテッド・カー専門委員会)

2017年12月14日

 各国機関・各標準化団体ではOTA (Over The Air) でのセキュアな遠隔更新実現に向けた標準化に向けた検討を進めています。 コネクテッド・カー専門委員会では日本での検討を支援するため、本件に関連した活動を進めている各標準化団体の活動状況調査を進めてまいりました。11月14日にTTCセミナーでいち早く原案ベースをご紹介しましたが、技術レポート「自動車の遠隔更新技術の標準化動向と実用化課題」が制定されました。

1. 標準ダウンロード

TR1068(新規:第1版) 技術レポート「自動車の遠隔更新技術の標準化動向と実用化課題」

2. 2017年11月14日TTCセミナー講演資料(TTC会員ログイン要)

download_icon.gif

3. 概要

コネクテッド・カーとして、期待される多種ユースケースで共通的に必要となる機能の一つに、車載システムの遠隔ソフトウェア更新がある。本機能は、リプログラミングやフラッシングなどといった呼称の違い、また、処理対象の違いがみられるものの、様々な機関/組織で標準化の提案/協議が進められている。本技術レポートでは、それらを迅速に把握、理解し、日本の施策に取り込む提案の一助とするために、コネクテッド・カー専門委員会自動車遠隔更新検討作業部会で活動を行った。具体的には、遠隔ソフトウェア更新のうちOTA (Over The Air) 技術に係る種々の活動を公開情報から入手し、車載システム遠隔更新技術の観点から検討、分析し、レポートを作成した。

4. 目次

1.           はじめに

2.           国内外の遠隔ソフトウェア更新関連技術の標準化動向

3.           関連団体調査:車両レベル

3.1.        SAE

3.2.        UNECE WP29 ITS/AD TFCS

3.3.        U.S.DOT/NHTSA

3.4.        5GAA

3.5.        ACEA

4.           関連団体調査:システムレベル(通信)

4.1.        ITU-T SG16

4.2.        ITU-T SG17

4.3.        ISO TC22

4.4.        ISO TC204

4.5.        IEEE 802 (車関係)

4.6.        Wi-Fi Alliance

4.7.        W3C

4.8.        Bluetooth SIG

4.9.        oneM2M 

5.           関連団体調査:システムレベル(部品)

5.1.        TCG

5.2.        EVITA

5.3.        HIS

6.           今回の調査を踏まえての、標準化及び実用化に向けた課題整理

6.1.        3章から5章の記述/説明のまとめ

6.2.        前章までの記述に基づく課題整理

7.           まとめ


トピックス一覧へ