「Webとクルマのハッカソン 2018」への後援のお知らせ

2017年10月31日


 この度、一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、「Webとクルマのハッカソン2018」に後援することといたしましたので、お知らせします。

1. テーマ

“Webとクルマのハッカソン2018” 
次世代自動車におけるWebとクルマの連携アプリ/ビジネスを創発しよう!

 今世界中でインターネットとつながるクルマが増えつつあります。W3CでもVehicle APIの標準化が進められ、クルマにもWeb技術を利用する取組みに期待が高まっています。

 そこで、本ハッカソンでは、自動車の走行状態に関するデータ(車速、アクセル、ブレーキ、エンジン回転数、オドメータ、ハンドル角度、燃費、車両位置、ドア状態、加速度、など)を利用したWebアプリの開発を競っていただきます。

 また、走行データだけでなくドライバーや同乗者の生体情報も利用できるよう鋭意検討中です。

 クルマの情報とWeb技術の融合から生まれる新しいサービスやアプリを考えることを通じて、クルマを取り巻く素晴らしい未来を共に創りましょう!

 前回のハッカソンの様子は<こちら>からご覧になれます。

2. 日時

2017年1月27日(土)9:30~20:00
2017年1月28日(日)9:30~18:00(懇親会18:00~19:30)

3. 場所

住友不動産飯田橋駅前ビル 12階会議室
(当日はエスカレータで2階へ上がり、入館手続きをお願いします)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3丁目8−5

4. 主催

Webとクルマのハッカソン実行委員会

5. 後援

総務省、W3C(World Wide Web Consortium)、一般社団法人情報通信技術委員会、その他調整中

6. 協賛

富士通テン株式会社、株式会社ニューフォリア、株式会社ACCESS、パイオニア株式会社、FOX HAUND株式会社、その他調整中

7. API協賛

株式会社ゴーガ、株式会社アジラ、株式会社スワローインキュベート、PAY ID,PAY JP、ユカイ工学、株式会社エーアイ、YuMake.LLC、Twilio 、株式会社アマネク・テレマティクスデザイン 、JINS MEME

8. 募集人数

50名程度
・個人での応募、またはチーム(5名以内)での応募のいずれかが可能です。
・個人応募者は主催者側でチーム分け(1チーム5名程度)を行う予定です。
・チーム応募が5名に満たない場合、主催者側の判断で個人応募者をチームへ追加することがあります

9. 参加資格

未来のクルマ社会、Web技術、Connected Carなどに関心のあり、HTML、CSS、JavaScriptを使ってウェブアプリケーション開発に携わったことがあるウェブ開発者 および ウェブデザイナー(但し18歳以上)
当ハッカソンではW3C Vehicle APIのプロトタイプ版実行環境を提供します。

10. 参加費

無料(なお、会場までの交通費、宿泊費等は各自でご負担となります)

11. 応募方法

本イベントの主催者(Webとクルマのハッカソン実行委員会)のサイトにて、参加規約に同意の上、エントリーフォームに必要事項を記載してお申込み下さい。

http://rp.kddi-research.jp/hackathon

トピックス一覧へ