「IETF報告会 (99th プラハ)」への後援のお知らせ

2017年08月31日

 この度、一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、Internet Society日本支部 (ISOC-JP)、一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC)が主催する「IETF報告会 (99th プラハ)」に後援することといたしましたので、お知らせします。

1. 名称

IETF報告会 (99th プラハ)

2. 日時

2017年9月1日(金) 13:30~18:00 (受付開始 13:00)

3. 場所

TECH PLAY SHIBUYA
東京都渋谷区宇田川町20-17 NMF渋谷公園通りビル 8F

4. 主催

Internet Society日本支部 (ISOC-JP)
一般社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター (JPNIC)

5. 後援

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)

6. 申込方法

参加費は無料です。申込方法は、WEBサイトよりご確認ください。

https://techplay.jp/event/630591

7. イベント内容

IETF99では、1,000名以上の参加者が集まり、未来のインターネットに向け、今後の技術・プロトコルについて議論を行いました。例えば、これまでの議論(IPv6, DNS, ルーティングプロトコル, TLS1.3など)に加え、新たなトランスポート・プロトコル QUICの議論のほか、セキュリティと運用性に関わる議論など、多岐に渡って議論を行いました。また、IETF Hackathonも定着し、多くの積極的な活動が行われました。

そのようなIETF99の様子を、会合に参加された方からご報告いただく予定です。最新動向だけでなく、参加者との積極的な議論の場として、本報告会をご活用頂ければと思います。

下記の報告を予定しています。

  1. IETFホットトピック

    • 全体概要報告
    • 5G 関連(3GPP との話, NetSlicing BoF)
    • セキュリティと運用性のバランスについての議論の活発化
    • 新しいトランスポート議論(QUIC)の活発化
    • IETF会場/リモート参加/新しいIPRポリシー
  2. 各エリア/WGトピック

    • IPv6関連報告
    • RTGエリア報告
    • hackathon報告(DOTS)
    • HTTP/QUIC関連報告
    • 暗号関連報告

また、報告会の最後には、ICANN の David Conrad (CTO)氏から、"ICANN’s participation at IETF" というタイトルのプレゼンテーションを実施していただきます。

8. タイムテーブル

時間

Title(タイトル)

Speaker(話者)

13:30~13:35

オープニング

インターネット標準化推進委員会
西塚 要 氏

13:35~14:05

IETFホットトピック1(5G/3GPP/NetSlicing BoF/IPRポリシー)

株式会社富士通研究所
栃尾 祐治 氏

14:05~14:35

IETFホットトピック2(QUIC/セキュリティと運用/会場選定/リモート参加)

株式会社日本レジストリサービス
米谷 嘉朗 氏

14:35~14:50

休憩

-

14:50~15:20

IPv6関連報告

日本電信電話株式会社
藤崎 智宏 氏

15:20~15:50

RTGエリア報告

株式会社富士通研究所
栃尾 祐治 氏

15:50~16:00

休憩

-

16:00~16:30

DOTS + hackathon報告

NTTコミュニケーションズ株式会社
西塚 要 氏

16:30~17:00

HTTP/QUIC関連報告

グリー株式会社
後藤 浩行 氏

17:00~17:20

暗号関連報告

株式会社レピダム
菅野 哲 氏

17:20~17:30

休憩

-

17:30~17:50

ICANN's participation at IETF

ICANN
David Conrad(CTO) 氏

17:50~17:55

クロージング

ISOC-JP
藤崎 智宏 氏


トピックス一覧へ