網管理専門委員会(WG1500)のアップストリーム活動における委員追加募集

2011年08月30日

(2011年11月10日内容更新)

(2013年09月12日内容更新)

背景及び本専門委員会の標準化方針:

  本専門委員会は、2つのSWGから構成され、主にITU-T SG2及びSG12の勧告のダウンストリームや調査を中心とした活動を行ってきましたが、総務省におけるITU-Tへのアップストリームの審議体制再編を受け、アップストリーム活動にも力を入れていくことと致しました。そこで、ITU-Tへこれまで寄書を提出されてきた方、今後のアップストリーム活動に関心のある方に対して委員の追加募集を行いますので、ご検討ください。

  以下に各SWGの標準化方針を記します。

網管理専門委員会におけるアップストリーム活動対象:

  本専門委員会が今後対応するITU-TのSG及び課題を以下に記します。

Q

WP

タイトル

対応WG/SWG

Q.5

2

Requirements, priorities and planning for telecommunication management and OAM Recommendations

(電気通信網管理およびOAM勧告の為の、要求条件、優先度および計画)

SWG1501

Q.6

P

Management architecture and security

(管理アーキテクチャとセキュリティ)

同上

Q.7

2

Interface specifications and specification methodology

(インタフェース仕様と仕様の方法論)

同上

 

Q

WP

タイトル

対応SWG

Q.1

P

SG 12 work programme and QoS/QoE coordination in the ITU‑T

(SG12の作業プログラム、ITU-TにおけるQoS/QoEの調整)

SWG1502

Q.2

P

Definitions, guides and frameworks related to QoS/QoE

(QoS/QoEに関する定義,ガイドおよびフレームワーク)

同上

Q.3

1

Speech transmission characteristics of communication terminals for fixed circuit-switched, mobile and packet-switched (IP) networks

(固定回線交換網,移動網,およびパケット交換(IP)網の音声端末の音声伝送特性)

同上 

Q.4

1

Hands-free communication and user interfaces in vehicles

(自動車内ハンズフリー通信およびユーザインターフェース)

同上

Q.5

1

Telephonometric methodologies for handset and headset terminals

(ハンドセット及びヘッドセット端末の通話品質測定方法)

同上

Q.6

1

Analysis methods using complex measurement signals including their application for speech enhancement techniques and hands-free telephony

(音声強調技術及びハンズフリー電話への適用を考慮した複合測定信号を用いた分析方法)

同上

Q.7

1

Methods, tools and test plans for the subjective assessment of speech, audio and audiovisual quality interactions

(音声、音響及びオーディオビジュアル主観品質評価のための方法、ツール、実験計画)

同上

Q.8

2

E-Model extension in wideband transmission and future telecommunication and application scenarios

(広帯域伝送及び将来型通信に向けたE-Modelの拡張及びアプリケーションシナリオ)

同上

Q.9

2

Perceptual-based objective methods for voice, audio and visual quality measurements in telecommunication services

(電気通信サービスにおける、知覚特性に基づく音声・音響・画像品質客観評価法)

同上

Q.10

2

Conferencing and telemeeting assessment

(音声や映像による遠隔会議の品質検討)

同上

Q.11

3

Performance interworking and traffic management for Next Generation Networks

(NGNの性能インターワーキング及びトラヒック管理)

同上

Q.12

3

Operational aspects of telecommunication network service quality

(通信サービス品質に関するオペレーション)

同上

QSDG

3

Quality of Service Development Group

(QoSの開発)

同上

Q.13

3

QoE, QoS and performance requirements and assessment methods for multimedia

(マルチメディアに対するQoE,QoS要求条件及び評価方法)

同上

Q.14

2

Development of parametric models and tools for multimedia quality assessment

(マルチメディア品質評価を対象としたパラメトリックモデルの開発)

同上

Q.15

2

Objective assessment of speech and sound transmission performance quality in networks

(ネットワークを介した音声及び音響伝送性能品質の客観評価)

同上

Q.16

2

Framework for diagnostic functions and their interaction with external objective models predicting media quality

(診断機能とメディア品質を予測する外部目的モデルその相互作用のフレームワークとにおけるそれらの相互作用)

同上

Q.17

3

Performance of packet-based networks and other networking technologies

(パケット通信網の性能及び他のネットワーク技術)

同上

アップストリーム会合オブザーバ:

総務省番号企画室

本専門委員会の体制

担当企画戦略委員  :東 充宏氏(富士通)、平木 健一氏(NTT

専門委員長 :高呂 賢治氏(OKI)

副専門委員長 :平子 正典氏(富士通テレコムネットワークス)

★ 事務局連絡事項

以下に委員登録方法を記します。

1.メンバーの公募及び登録方法

TTC会員につきましては、窓口様よりTTC名簿(会員情報)管理システムから以下の情報で新規登録をお願いいたします。現在会員以外の方につきましてはお問い合わせ先へ参加のご連絡をいただけるようお願いいたします。

網管理専門委員会                                           委員会コード:1500

通信ネットワーク運用管理SWG(SWG1501)          委員会コード:1501

通信サービス品質評価SWG(SWG1502)                委員会コード:1502

登録については随時受け付けておりますが、平成23年10月のITU-T SG12会合向けの対処のため参加を検討されている方は平成23年9月16日(金) 目途でお願いします。  委員募集継続中!

専門委員会への参加には費用が発生いたします。

入会金:10万円(TTC非会員の場合)

年会費:会費1口

専門委員会登録:会費1口

H23年度の会費は1口45万円

(※)入会金及び会費の詳細説明につきましてはTTCホームページをご覧ください。

入会金規程(PDF)

会費規程(PDF)

2.お問い合わせ先

事務局:大友克彦

電話番号:03-5776-7794

E-Mailアドレス:ohtomo[atmark]ttc.or.jp ([atmark]を@に置き換えてください)


トピックス一覧へ