信号制御専門委員会(WG1200)における委員追加募集

2011年08月30日

(2011年11月10日内容更新)
(2013年7月30日内容更新)

背景及び本専門委員会の標準化方針:

  本専門委員会は、2つのSWGから構成され、主にITU-T SG11の勧告のダウンストリーム及びアップストリームを中心とした活動を行っております。総務省におけるITU-Tへのアップストリームの審議体制再編を受け、アップストリーム活動に更に力を入れていくことと致しました。

ITU-Tにおける標準化活動に寄与されてこられた方、アップストリーム活動に関心のある方を含め、委員の公募を行っておりますので、ご検討ください。

  以下に各SWGの標準化方針を記します。

信号制御専門委員会におけるアップストリーム活動対象:

  本専門委員会が今後対応するITU-TのSG及び課題を以下に記します。

Q

WP

タイトル

対応SWG

Q.1

1

Signalling and protocol architectures in emerging telecommunication environments
(新たなテレコム環境における信号とプロトコルアーキテクチャ)

SWG1205

Q.2

1

Signalling requirements and protocols for service and application in emerging telecommunication environments
(新たなテレコム環境におけるサービスとアプリケーションのシグナリング要求条件およびプロトコル)

同上

Q.3

2

Signalling Requirements and Protocol for Emergency Telecommunications
(緊急通信における信号要求条件とプロトコル)

同上

Q.4

2

Signalling requirements and protocols for Bearer and Resource control in emerging telecommunication environments
(新たなテレコム環境におけるベアラとリソース制御のためのシグナリング要求条件およびプロトコル)

同上

Q.5

2

Protocol procedures relating to services provided by broadband network gateways
(ブロードバンドネットワークゲートウェイによって提供されるサービスと関連したプロトコル手順)

同上

Q.6

2

Protocol procedures relating to specific services over
(IPv6IPv6サービス仕様に関するプロトコル手順)

同上

Q.7

3

Signalling and control requirements and protocols for network attachment supporting multi-screen service, future networks, and M2M
(マルチスクリーンサービス、将来ネットワーク、M2Mをサポートするネットワークアタッチメントのためのシグナリングと制御要求条件とプロトコル)

同上

Q.8

3

Guidelines for implementations of signalling requirements and protocols
(シグナリング要求条件及びプロトコル実装に関わる連携検討)

同上

Q.9

3

Protocols supporting distributed, smart service networking and end-to-end multicast
(分散、スマートサービスネットワーキングとエンドツーエンドマルチキャストをサポートするプロトコル)

同上

Q.10

4

Service and networks benchmarking measurements
(サービスとネットワークベンチマーキングテスト測定法)

同上

Q.11

4

Protocols and Networks Test Specifications
(プロトコルとネットワークテスト仕様)

同上

Q.12

4

Internet of things test specificationsIoT
(試験仕様)

同上

Q.13

4

Monitoring parameters for protocols and emerging networks
(プロトコルと新たなネットワークのためのモニタリングパラメータ)

同上

Q.14

4

Cloud interoperability testing
(クラウド相互接続性試験)

同上

Q.15

4

Testing as a service (TAAS)
(試験サービス )

同上

アップストリーム会合オブザーバ:

総務省番号企画室

本専門委員会の体制

担当企画戦略委員  :平木 健一 氏、東 充宏 

専門委員長  :蓑田 学氏

副専門委員長 :斉藤 壮一郎氏

★ 事務局連絡事項

以下に委員登録方法を記します。

1.メンバーの公募及び登録方法

  TTC会員につきましては、窓口様よりTTC名簿(会員情報)管理システムから以下の情報で新規登録をお願いいたします。現在会員以外の方につきましてはお問い合わせ先へ参加のご連絡をいただけるようお願いいたします。

信号制御専門委員会  委員会コード:1200
SIP SWG(SWG1203)   委員会コード:1203
NGN信号アップストリームSWG(SWG1205)   委員会コード:1205

委員募集継続中!

専門委員会への参加には費用が発生いたします。

入会金: 

10万円(TTC非会員の場合)
年会費: 会費1口
専門委員会登録: 会費1口

※ H23年度の会費は1口45万円
※ 入会金及び会費の詳細説明につきましては以下をご覧ください。

入会のご案内
入会金規程(PDF)
会費規程(PDF)

2.お問い合わせ先

事務局:後藤雅徳

電話番号:03-5776-7792

E-Mailアドレス:goto@ttc.or.jp


トピックス一覧へ