oneM2Mインダストリー・デイ 金沢
IoTワークショップ:データ連携を支えるIoTプラットフォームと世界の先端導入事例

 インターネット技術の進展により、さまざまな分野においてIoTのビジネス展開や社会インフラへの実装が始まり、ビッグデータ解析やAI活用も含め、従来概念の延長線上にない新しい価値創造や革新的なサービス提供など、世界規模で社会や産業の「デジタル変革」が進んでいます。

 oneM2MはIoTプラットフォームとして唯一の国際標準であり、世界中でIoT実現に活用されています。多様なネットワーク接続や、徹底したアプリケーション間相互接続、プラットフォーム間連携など、他に類を見ないデータ連携機能を持ち、業界を横断するエコシステムの実現や、ビジネスイノベーションの創出を強力にサポートしています。

 このたびoneM2M技術総会が金沢市(石川県)で開催されるのに合わせ、会合に参加する技術者を交えて、IoTワークショップ "oneM2Mインダストリー・デイ" を開催する運びとなりました。

 oneM2Mの専門家によるIoTプラットフォーム開発の最新状況の解説や、海外各国におけるIoTやスマートシティの導入事例とともに、各社のビジネス戦略や取組みをご紹介いただきます。

 日本からは、政府のIoTによる産業振興と地方創生の取組み、産業界、とくに北陸を中心にIoTを開発製造やビジネスに積極的に取り入れている企業の取り組みや導入事例、また、JAISTおよびNICTにおける、IoT技術の第一線の研究開発や、テストベッドの見学も予定しています。

 本ワークショップが、IoTに関連する皆様への情報発信とともに、国際連携やエコシステム実現の一助となれば幸いです。IoT、スマートシティにご関心をお持ちの皆様の多数のご参加をお待ちしております。

 開催スケジュール

開催日時 2018年12月5日(水)9:15~17:30
開催場所

石川ハイテク交流センター(いしかわサイエンスパーク内)
※「いしかわサイエンスパーク」へのアクセス
https://www.isico.or.jp/isp/access

arrow067_03.gif金沢市内よりバス送迎を予定しています
(8:30に 「金沢商工会議所会館」前出発
 詳細案内

http://kanazawa-cci.or.jp/rooms/access.html

主催

oneM2M Technical Plenary
一般社団法人電波産業会(ARIB)
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)
一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)

後援

総務省 北陸総合通信局
国立大学法人 北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)(予定)

定員 150名
参加費

無料 

使用言語

英語/日本語、同時通訳対応

申込み方法

事前登録制。下記登録フォームよりお申し込みください。

seminericon2.gif
※締切:11月26日(月) (但し、定員になり次第募集を締め切ります。)
【個人情報について】お送りいただきました内容は、当委員会の「個人情報の取り扱いに関する基本方針」に則り、本セミナーの参加登録他、TTCの各種ご案内に使用させていただきます。

お問い合わせ

TTC事務局: 住田 正臣
E-Mail :sumita@s.ttc.or.jp
TEL: 03-5776-7796、03- 3432-1551(代)

プログラム 

時刻

講演内容

8:30

開場

9:15

 

開会挨拶

山崎 徳和 氏
oneM2M SC副議長 / KDDI

祝辞

Luis Jorge Romero 氏
ETSI Director General

9:30

基調講演
oneM2Mの活動への期待 ~IoTによる産業振興と地方創生~
Expectations We Have on the Activities of oneM2M
– Industrial Promotion and Regional Revitalization Using IoT -

山田 和晴 氏
総務省 北陸総合通信局長

9:50

oneM2M紹介
oneM2M Introduction

Omar Elloumi 氏
oneM2M TP議長 / Nokia

10:20

oneM2Mサービスレイヤと3GPP 4G/5Gネットワークとのインターワーク
Interworking of oneM2M service layer to underlying 3GPP 4G/5G Networks

Dale Seed 氏
oneM2M Architecture Chair / Convida Wireless

 

10:40

 



11:00

 

 

11:20

セッション1:北陸の産業におけるIoT 

アイ・オー・データ機器のIoTへの取組
I-O DATA's approach to IoT

平林 朗 氏
アイ・オー・データ機器株式会社 事業戦略本部 企画開発部 副部長

PFUの組込みビジネスと マスカスタマイゼーションへの挑戦
PFU's Embedded system business and challenge to mass customization.

橋本 芳文 氏
株式会社PFU エンベデッドビジネスユニット エンベデッド販売支援統括部長

建設生産プロセスと改革するIoTオープンプラットフォームLANDLOG
IoT Open Platform LANDLOG for Construction Process Innovation

井川 甲作 氏
株式会社ランドログ 代表取締役社長

11:40

休憩/パネル展示

12:00

StarBED + iHouse 
~IoTエミュレーション 20年の歩み~
~20 Years of IoT Emulation~

篠田 陽一 氏
北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST) 卓越教授 /
国立研究開法人 情報通信研究機構 (NICT)
 R&Dアドバイザー

丹 康雄 氏
北陸先端科学技術大学院大学 (JAIST) 教授 /
国立研究開法人 情報通信研究機構 (NICT) 招へい専門員

13:00

昼食
iHouse / StarBED施設見学

 


14:40

 

 
15:00

 

 

15:20

セッション2:oneM2Mによる各国のIoT/スマートシティ

シティハブ:韓国における、データ駆動型サステナブル・スマートシティの開発
CityHub: Data-driven Sustainable Smart City Development in Korea

Song JaeSeung 氏
oneM2M TST WG議長 / KETI / 世宗大学校 教授

スマートモビリティにおけるIoTインタオペラビリティの役割
The role of IoT interoperability in Smart Mobility

Mahdi Ben Alaya 氏
Sensinov CEO

接続の拡大、産業への展開、そしてインダストリアルIoT(IIoT)の推進
Expanding Connections, Exploring Industries, and Promoting Industrial IoT

YongJin Zhang 氏
oneM2M MAS WG議長 / Standard Research Manager, Huawei

15:40

休憩/パネル展示

 


16:00


 


16:20

 

 

16:40

 
 

 
17:00

セッション3:日本におけるIoT

oneM2Mを用いたプライバシ保護アーキテクチャ
Privacy Protection Architecture based on oneM2M

奥井 宣広 氏
株式会社KDDI総合研究所、スマートセキュリティG 研究員

日立のデジタライゼーションへの取組み
Hitachi's Efforts towards Digitalization

平田 哲彦 氏
株式会社日立製作所 サービスプラットフォーム事業本部 IoT・クラウドサービス事業部 本部主管

ビジネスを変革する5G
5G as an Enabler of Business Evolution

中野 裕介 氏
3GPP TSG-SA 副議長 / KDDI株式会社 技術企画本部 標準化推進室 標準戦略G グループリーダー

LTE/5Gを活用したIoT標準化動向とNTTドコモの取り組み
LTE/5G IoT standardization status and NTT DOCOMO activity

永田 聡 氏
株式会社NTTドコモ 5Gイノベーション推進室 担当課長

17:20

閉会挨拶

Omar Elloumi 氏
oneM2M TP議長 / Nokia