災害に強いICTを考えるTTCワークショップ(第4回) 開催報告

TTCでは、昨年4月7日に、「FG-FN(Focus Group on Future Networks)成果物紹介ワークショップ」の中で、パネル討論「3/11を経た我々は将来の網のため何をなすべきか」を開催し、3.11震災でのネットワークインフラの被害状況と今後どのような課題を検討すべきであるかについての初めての議論の場を作りました。

このパネル討論を「災害に強いICTを考えるTTCワークショップ」の第1回と捉え、

7月8日に第2回、10月7日に第3回を開催しました。

今回の第4回では、ITU-T FG-DR&NRRの発足、TTCでの取組み、大規模災害等緊急事態における通信確保に焦点を当てました。

※FG-DR&NRR : Focus Group on Disaster Relief Systems, Network Resilience and Recovery

1 開催日時

平成24年2月27日(月) 15:00-17:00

2 開催場所

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)  2階A&B会議室

3 参加者

50名

4 講演テーマ及び講演者

15:00-15:10 開会挨拶
プログラム委員長 江川尚志氏
15:10-15:15 総務省挨拶
総務省 通信規格課 国際情報分析官 深堀道子氏
15:15-15:40

ITU-T FG-DR&NRRへのTTCとしての取組み
 TTC専務理事、ITU-T SG15議長 前田洋一

15:40-16:20 ソフトバンクの大規模災害等緊急事態における通信確保
ソフトバンクモバイル 技術統括 技術管理本部 技術渉外部長 木村潔氏 
16:20-17:00 3.11を経た我々は将来網のため何をすべきか
-アクセス系システム(インフラ基盤)の視点から-
NTT アクセスサービスシステム研究所 企画部長 木村秀明氏 

download.gif資料ダウンロードページへ

※TTC会員専用 ダウンロードにID,PWが必要です。