CEATEC JAPAN 2018コンファレンス「5G時代の情報通信サービス~ソフト化とSliceでどう変わるのか~」開催報告

 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)は、2018年10月16日(火)~ 19日(金)に開催される総合展示会「CEATEC JAPAN  2018におきまして、10月19日に、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)に後援をいただき、セミナーを開催致しました。

 Network Softwarizationを適用することで、帯域幅、遅延時間、信頼性等の各要件の組合せで構成されるネットワーク要件をサービス毎に制御することが可能になり、それぞれのサービスに最適なネットワークを柔軟に提供する仮想化ネットワーク(ネットワークスライスと呼ぶ)の検討が進められています。今回のセミナーでは、ネットワークスライスの適用により、AI(Artificial Intelligence)とネットワークとの親和性が向上し、新たなサービス創出の可能性が広がると共に、 IoTで実現できるサービスの広がりに焦点をあてご講演をいただくと共に、パネルディスカッションにより議論を行いました。

 CEATEC でのセミナーの開催は、TTCとしては、初の試みでしたが、200名の方にご参加いただきました。

 ご講演いただいた方々並びにご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

 開催スケジュール

タイトル 5G時代の情報通信サービス~ソフト化とSliceでどう変わるのか~【P4-4】
開催日時 2018年10月19日(金)14:00~16:30
開催場所

幕張メッセ (千葉県美浜区中瀬2-1)
国際会議場3F 301会議室

主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 

後援

第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)

参加者数 200名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。

TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

download_icon.gif

プログラム 

時刻

講演内容

講演者

14:00~14:05
開会挨拶
一般社団法人 情報通信技術委員会
代表理事専務理事 前田 洋一
14:05~14:35
5G有無線ソフトウェア化がもたらす便益
東京大学 教授
中尾 彰宏 氏
14:35~15:05
5G及びその先の社会創造に向けたネットワーク技術 日本電信電話株式会社
未来ねっと研究所 所長
吉野 修一 氏
15:05~15:35
5G時代到来によるこれからのビジネスチャンスの可能性
~ソフトウェア化によるシェア前提への社会変革の中で~
さくらインターネット株式会社
代表取締役社長
田中 邦裕 氏
15:35~15:40
休憩
15:40~16:30
パネルディスカッション
新たなサービスを創出するための課題と今後のネットワークの発展方向
モデレータ:
 一般社団法人 情報通信技術委員会
 事務局長 稲田 修一
パネリスト:
 東京大学 教授 中尾 彰宏 氏
 日本電信電話株式会社
 未来ねっと研究所 所長  吉野 修一 氏
 さくらインターネット株式会社
 代表取締役社長 田中 邦裕 氏
 株式会社インフォシティ
 代表取締役 岩浪 剛太 氏

コンファレンスの様子

web1_P1020418.jpg web2_P1020439.jpg web3_P1020449.jpg web4_P1020467.jpg
中尾 彰宏 氏 吉野 修一 氏 田中 邦裕 氏 岩浪 剛太 氏
seminar20181019_IMG_0070.jpg
コンファレンスの様子
panel_20181019_P1020460.jpg
パネルディスカッションの様子