【平成30年度情報通信月間参加行事】Interop展示会場内セミナー「IoTサービスプラットフォーム「oneM2M」の標準化動向・プロダクト事例」開催報告

  oneM2Mは、IoT/スマートシティのサービス共通プラットフォームを実現する唯一の国際標準であり、ベンダーロックインのないオープンな特徴とともに、開発当初から、他のさまざまなプラットフォームとの相互接続やあらゆる通信ネットワークの収容、徹底したアプリケーションやデータ連携を目指して開発されており、IoTサービス構築に必要な機能をワンセットで規定するプラットフォームとして、世界中でIoT/スマートシティのシステム構築に向けて適用が進んでいます。

  本講演は、oneM2Mの国際標準化活動で精力的に活躍されている、KDDI 山本 賢一様を講師に迎え、標準化活動の概要、その技術仕様の特徴、強みと、準拠するオープンソース・ソフトウェア、スマートシティなどのサービス・トライアルの動向などをご紹介頂きました。

  当日は、座席定員を超え立見がでる大変な盛況のうちに終了致しました。
  ご講演を頂きました山本様、ご来場を頂きました皆様に深く感謝致しますと共に、皆さまの今後のIoT開発・ビジネスの展開にお役に立ちますことを祈念致します。

 開催スケジュール

開催日時 2018年6月15日(金)11:00~11:40
開催場所 幕張メッセ (千葉県美浜区中瀬2-1)
INTEROP TOKYO2018展示会場内セミナー(ホール5 Room B)
主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) oneM2M専門委員会

協賛

情報通信月間推進協議会

講演者 KDDI株式会社 山本 賢一 氏
参加者数 80名

講演資料

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。

TTC会員様でログインID/パスワードが不明の場合には、ログインID/パスワード申請ページよりお問い合わせください。

download_icon.gif

セミナーの様子

 web_20180615_110237.jpg
山本 賢一 氏
web_20180615_110010.jpg
セミナーの様子