TTCセミナー「Safe Listening~WHOの動きとIoT時代の難聴予防」開催報告

  最近、若い方々の間で「イヤホンガンガン伝言ゲーム」という遊びが大ブレイクしていますが、スマートフォンの音量を最大にしてイヤホンで大音量の音楽を聴くことは、難聴を引き起こす可能性のある行為であり、その危険性について具体的な啓発や指導、対策が必要となっています。

 今回のセミナーではそんな聴覚の安全に関するテーマについて、それぞれのご講演者のお立場での取組みをご紹介いただく機会となりました。

1.Make Listening Safe:Safe Listeningに向けたWHOの取組み
  WHO(世界保健機構)によれば、世界で11億人もの若者が聴覚障害を引き起こす危険性があると言われています。スマートフォンなどポータブル音楽プレーヤの発展途上国を含めた世界的な普及に伴い、イヤホン、ヘッドホンを通した音楽聴取による若年層の難聴者の急速な増加による深刻な状況についてWHO 吉野様よりご解説いただき、「Make Listening Safe」として難聴予防に向けた課題提起と、WHOの取組みについてご紹介いただきました。
 安全な音量での機器使用や、耳栓の活用、定期健診など個人での難聴予防とともに、保護者や教師、機器メーカー、音楽興業関係者、行政など、それぞれの関係者による啓発活動や、規制、防止策などの取組みの必要性を強調されました。

2.音響外傷による耳鳴・難聴の成立メカニズムについて
  国際医療福祉大学病院 中川様は、聴覚器官の構造と、音響に対する暴露により難聴が発生するメカニズムについて図解を交えてわかりやすくご説明いただきました。高音圧下での外耳道共鳴や、あぶみ骨筋による音圧抑制機能の飽和によって有毛細胞に損傷を与える仕組み、また難聴が脳中枢に影響を与え、精神障害の発生から最悪自殺にいたる可能性も含め、その危険性についてご解説いただきました。

3.使いやすい・聞きやすい技術
  KDDI 鈴木様からは、スマートソニックレシーバとして、スマートフォンを聞きやすくする技術工夫と現実の導入例や、難聴者に向けては、最大音量を変えず微小音響のみ増幅する、音量に応じた増幅率の可変技術など、実際の機器によるデモを交えて、使いやすい・聞きやすい技術のご紹介をいただきました。

4.IoT時代におけるSafe Listeningの標準化と今後の取組み
  慶応義塾大学 川森様は、CENELEC(欧州電気標準化委員会)やIEC(国際電気標準化会議)での標準化の経緯や欧州で先行している実装の状況とともに、ITU(国際電気通信連合)において勧告化が進められている「Safe Listening」の活動、取組みについてご紹介いただきました。
 ITUでは2016年から、WHOと協力してSafe Listeningの勧告化作業が開始されており、TTCではe-health 分科会(マルチメディア応用専門委員会)においてSafe Listeningに関する議論が慶応義塾大学などの提案で進められ、ITU-T SG16での勧告化を推進しています。

  さらに総務省 山口様、厚生労働省 秋山様からもご挨拶を頂戴し、政府関係者として「Safe Listening」の取組みに対するご期待やメッセージを頂戴いたしました。

  セミナーには、音響機器や補聴器メーカ、放送事業者、関連する出版業界やメディア、医療関係者など、さまざまな業界から、本テーマにご興味、ご関係のある多くの方々にご参加いただき、また活発な質疑応答をいただくなど、高い関心を示していただきました。多数のご参加ありがとうございました。 本セミナーが「Safe Listening」への取組みに向けた、情報発信のきっかけとなれば幸いです。

 今後ともTTCでは、このような業界横断的なテーマについて、タイムリーなトピックスのセミナーを開催し、さまざまな業界の方々との意見交換や相互交流を図っていただく機会を提供してまいります。ご関心のテーマがございましたらご参加いただければ幸いです。

download.gif資料ダウンロード

※資料のダウンロードには会員ログインが必要です。 

 開催スケジュール

開催日時 2016年8月30日(火)15:00~17:10
開催場所 一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階会議室
東京都港区芝公園1-1-12 芝公園電気ビル【MAP】 
主催

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)

参加者

50名

プログラム

司会:慶応義塾大学教授 川森 雅仁 氏

時間

講演内容

講演者

15:00~15:05
総務省ご挨拶
総務省情報通信国際戦略局
通信規格課 企画官
山口 修治 氏
15:05~15:30
Make Listening Safe:Safe Listeningに向けたWHOの取組み
WHO健康開発総合研究センター
吉野 智美 氏
15:30~15:55
音響外傷による耳鳴・難聴の成立メカニズムについて
国際医療福祉大学病院
耳鼻咽喉科部長、教授
中川 雅文 氏
15:55~16:20
使いやすい・聞きやすい技術
株式会社KDDI研究所
イノベーションセンター
鈴木 雅弘 氏
16:20~16:55
IoT時代におけるSafe Listeningの標準化と今後の取組み
慶応義塾大学教授
川森 雅仁 氏
16:55~17:00
厚生労働省ご挨拶
厚生労働省障害保健福祉部
企画課自立支援振興室 
福祉用具専門官
(併任)障害福祉課 障害福祉
(身体障害担当)専門官
秋山 仁 氏
17:00~17:10
閉会挨拶
TTC代表理事専務理事
前田 洋一

セミナーの様子

web1_seminar20160830_yamaguchi_IMG_8546.jpg web2_seminar20160830_yoshino_IMG_8550.jpg web3_seminar20160830_nakagawa_IMG_8566.jpg web4_seminar20160830_suzukiIMG_8573.jpg
山口 修治 氏
総務省情報通信国際戦略局
吉野 智美 氏
WHO健康開発総合研究
センター
中川 雅文 氏
国際医療福祉大学病院
鈴木 雅弘 氏
株式会社KDDI研究所
web5_seminar20160830_kawamori_IMG_8542.jpg web6_seminar20160830_akiyamaIMG_8590.jpg web7_seminar20160830_maeda_IMG_8593.jpg
川森 雅仁 氏
慶応義塾大学教授
秋山 仁 氏
厚生労働省障害保健福祉部
前田 洋一
TTC代表理事専務理事
web0_seminar20160830_IMG_8547.jpg
セミナーの様子

お問い合わせ

TTC業際イノベーション本部長 濱野宏
E-mail: hamano@s.ttc.or.jp
TEL : 03-3432-1551(代)