DSL専門委員会活動報告会開催報告

  DSL専門委員会(第13回)にて、最近のDSL技術の標準化動向を報告する機会を捉え、広くTTC会員以外の皆様にも、DSL技術だけでなく、ホームネットワーキング技術の標準化動向も併せてご紹介致しました。

開催スケジュール等

開催日時

平成23年10月3日(月) 16:00~17:30

開催場所

一般社団法人情報通信技術委員会(TTC)  2階 A・B会議室 【MAP

参加者

25名

お問い合わせ

坂口 尚 E-Mail :sakaguchi[atmark]ttc.or.jp TEL :03-3432-1551

 

 議題

講演テーマ

「メタル系ブロードバンドアクセスとホームネットワーキング技術の標準化動向」

メタル系ブロードバンドアクセス技術の標準化動向

  • 日本でのこれまでの状況
  • 海外での状況
  • 最近におけるトピック
  • 超高速メタルアクセスの将来動向

ホームネットワーキング技術の標準化動向

  • Q4で進められているホームネットワーキングの検討
  • 統合版 有線ホームネットワーキングトランシーバ標準 G.hn
  • OFDMを使った低域PLCトランシーバ標準 G.hnem
  • 低域、低速な無線トランシーバ標準 G.wnb

ITU-Tにおける検討体制とまとめ 

講演者

    近藤 芳展氏 (日本電信電話株式会社)
    (TTC DSL専門委員会 委員)

講演要旨   メタル系ブロードバンドアクセス技術の標準化動向として、日本のADSL、VDSLのこれまでの状況、海外でのブロードバンドアクセスの動向、最近のトピックであるG.vector (G.993.5)、超高速メタルアクセスG.fastの将来動向をご紹介致しました。
  ホームネットワーキング技術の標準化動向として、ITU-T SG15 Q4で進められているG.hn、G.hnem等の検討状況、統合版 有線ホームネットワーキングトランシーバ標準 G.hnの概要、OFDMを使った低域PLCトランシーバ標準 G.hnemの概要、低域、低速な無線トランシーバ標準 G.wnbの概要をご紹介致しました。
  最後にITU-Tにおける検討体制とまとめとして、SG15Q4体制の見直しをご紹介致し、次世代ホームネットワークシステム専門委員会 物理・リンク層SWG (SWG3602)へ4b: Home Networking - Broadband (this includes the G.fast work) 、4c: Home Networking – Narrowband (this includes the narrowband wireless solution as well) の標準化を検討して頂く事を確認しました。
SG15Q4体制の見直しは http://www.itu.int/md/T09-SG15-111205-TD-WP1-0564/en を参照して下さい。

download.gif会合資料のダウンロードはこちらから
※ダウンロードにはID,PWが必要です(*TTC会員、報告会参加者のみ)
*TTCドキュメントダウンロード用と同じものになります。
報告会参加者のダウンロード期限は、2011年10月31日までとなります。