リリース2A仕様のダウンストリーム制定について(oneM2M専門委員会)

2018年05月18日

 oneM2M専門委員会では、2018年3月oneM2M第34回技術総会(TP34)で承認されたリリース2改訂A(リリース2A)仕様をダウンストリームし、技術仕様書22件、技術レポート9件をそれぞれTTC技術仕様書、TTC技術レポートとして5月11日付で制定しました。

 リリース2A仕様は、2016年8月に発行されたリリース2仕様を補遺する改訂仕様であり、  oneM2Mに関する標準類は、TTCドキュメントデータベース(技術分野"M2M"を選択してください)からもご覧いただけます。 

oneM2Mリリース2ダウンストリーム TTC技術仕様書(TS)一覧

TTC文書番号

Title [和文タイトル]

TS-M2M-0001v2.18.1

Functional Architecture [機能アーキテクチャ]

TS-M2M-0002v2.10.2

Requirements [要求条件]

TS-M2M-0003v2.12.1

Security Solutions [セキュリティ技術の適用]

TS-M2M-0004v2.16.1

Service Layer Core Protocol [サービス層API仕様(共通部)]

TS-M2M-0005v2.0.2

Management Enablement (OMA)
[OMA仕様によるデバイス管理]

TS-M2M-0006v2.2.1

Management enablement (BBF) [BBF仕様によるデバイス管理]

TS-M2M-0007v2.0.2

Service Components [サービスコンポーネント]

TS-M2M-0008v2.6.1

CoAP Protocol Binding  [サービス層API仕様(CoAP用)]

TS-M2M-0009v2.13.1

HTTP Protocol Binding [サービス層API仕様(HTTP用)]

TS-M2M-0010v2.7.1

MQTT protocol binding [サービス層API仕様(MQTT用)]

TS-M2M-0011v2.8.1

Common Terminology [共通用語]

TS-M2M-0012v2.2.2

Base Ontology [基本オントロジー]

TS-M2M-0013v2.3.2

Interoperability Testing [相互接続テスト]

TS-M2M-0014v2.0.1

LWM2M Interworking [LWM2Mとのインターワーク]

TS-M2M-0015v2.0.1

Testing Framework [試験フレームワーク]

TS-M2M-0020v2.1.2

WebSocket Protocol Binding
[サービス層API仕様(WebSocket用)]

TS-M2M-0021v2.0.1

oneM2M and AllJoyn Interworking [AllJoynとのインターワーク]

TS-M2M-0022v2.3.1

Field Device Configuration

TS-M2M-0023v2.0.2

Home Appliances Information Model and Mapping
[家電機器の共通デバイス管理モデル]

TS-M2M-0024v2.0.2

oneM2M and OIC Interworking [OICとのインターワーク]

TS-M2M-0025v2.0.0

Definition of product profiles

TS-M2M-0032v2.1.0

MAS and MEF Interface Specifications

oneM2Mリリース2Aダウンストリーム TTC技術レポート(TR)一覧

TTC文書番号

Title [和文タイトル]

TR-M2M-0001v2.4.2

Use Cases Collection [ユースケース]

TR-M2M-0008v2.0.1

Security [セキュリティの検討]

TR-M2M-0018v2.5.2

Industrial Domain Enablement [産業分野への適用]

TR-M2M-0025v2.0.2

Application developer guide

TR-M2M-0034v2.0.0

CoAP binding and long polling for temperature monitoring

TR-M2M-0035v2.0.0

Device Management use cases

TR-M2M-0037v2.0.0

Smart farm example using MQTT binding

TR-M2M-0039v2.0.0

Developer guide-SDT-based implementation

TR-M2M-0045v2.0.0

Implementation semantics 


専門委員会トピックス一覧へ