ITU-T SG17 寄書審議の実施(セキュリティ専門委員会)

2018年03月15日

 TTC セキュリティ専門委員会は、ITU-T SG17第3回会合(3月20日~3月29日@ジュネーブ)に向けた準備会合を下記のとおり実施し、全体対処方針、各課題別対処方針、および、寄書8件の審議を行いました。

1. 会合概要

(1) 会合名

   セキュリティ専門委員会(WG2100) 第26回会合

(2) 主な議題

    ITU-T SG17(Security)第3回会合への「全体対処方針、課題別対処方針、寄書」審議

(3) 開催日時

    2018年3月7日(水)10:00~12:10

(4) 場所

    一般社団法人情報通信技術委員会(TTC) 2階 A/B会議室

(5) 出席者

    進行:三宅 優(セキュリティ専門委員会委員長)

    委員:4社+1組織:計10名、総務省:2名、TTC事務局:1名

(6) 担当TTC事務局: 谷口 康一

2. 審議事項

(1) SG17会合対処方針
  SG17全体対処方針、および、配下の全14課題(Q)への対処方針
(2) 寄書審議
  Q3(電気通信情報セキュリティマネジメント)向け:3件
  Q6(電気通信サービス、ネットワーク、及びIoTのセキュリティ面) 向け:4件
  Q13(ITSのセキュリティ面)向け:1件

3. 審議後の寄書変更、及びITU-T SG17への寄書提出状況

  本審議の結果、Q6への寄書の内、1件は寄書からTD(Temporary Document)に変更して提出することとなり、実際にSG17会合に提出された寄書は以下のとおりです。

 

提出寄書

Q3(Telecommunication information security management)

:3件

Q6(Security aspects of telecommunication services, networks and Internet of Things) 

:3件

Q13(Security aspects for intelligent transport systems) 

:1件


専門委員会トピックス一覧へ