ITU-T SG20 寄書審議の実施(IoT/SC&Cアドホック)

2017年09月25日

 TTC IoT/SC&CアドホックITU-T SG20(Internet of things(IoT) and smart cities and communities(SC&C))第2回会合 (2017年9月4日~9月15日、ジュネーブ) に向けたアドホック会合を下記の通り実施し、各課題別対処方針7件、および寄書2件の審議を行いました。

 なおアドホック会合開催後、SG20会合にて議論される予定の「oneM2M仕様のITU-T勧告化」に向けて、「勧告化を推進する」寄書(NEC中心にアドホック参加企業連名、SG20全課題対象)1件の提出、および、SG20会合にて「日本として支持を表明する」対処方針について、メールによる審議が行われました。

1. 会合概要

(1) 会合名        TTC  IoT/SC&Cアドホック 第7回会合

(2) 主な議題     ITU-T SG20 第2回会合(新会期)の対処方針、寄書審議

(3) 開催日時    2017年8月9日(月)16:00~19:00

(4) 場所            一般社団法人 情報通信技術委員会(TTC) 2階 A・B会議室

(5) 出席者        TTC IoT/SC&Cアドホック 24名

                      リーダ:端谷 隆文 氏(富士通)、

                      サブリーダ、進行:後藤 良則 氏(NTT)

                      委員9社15名、陪席:1名、事務局:5名、 総務省:3名

(6) TTC事務局  濱野 宏

2.審議事項

(1) SG20会合対処方針        SG20配下の全7課題
  (なお、SG20 第1回会合(新会期)より、以下の課題構成となっています。)

(2) 寄書審議   Q2(Requirements, capabilities, and use cases across verticals):
                        提出寄書 全2件


専門委員会トピックス一覧へ